もう一ヶ月もすればお盆のシーズンに入る訳ですが、このシーズンは旅行に行く人も増えるのが特徴です。

そこで、関東でのお盆の旅行で行くべき穴場を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コニカミノルタプラネタリウム"天空"(東京都)

コニカミノルタプラネタリウム

コニカミノルタプラネタリウム"天空"はスカイツリーに設置されたプラネタリウムで、時間によって上映される作品が変わっていく特徴があります。

カップル、子供連れ家族には特におすすめの穴場スポットになります。

コニカミノルタプラネタリウム公式サイト

名称:コニカミノルタプラネタリウム"天空"
住所:東京都墨田区押上1-1-2
時間:11時~21時の回(土・日・祝日の10時の回の上映アリ)
料金:中学生1100円、中学生未満4歳以上500円
アクセス:東京メトロ半蔵門線/都営浅草線/京成押上線押上駅、東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅徒歩5分程度


スポンサーリンク

日原鍾乳洞(東京都)

日原鍾乳洞

鍾乳洞というと地方で多いイメージですが、東京都内でも数少ない鍾乳洞が日原鍾乳洞になります。

鍾乳洞の特徴として洞窟内が大体10度前後の場所が多く、日原鍾乳洞は約11度に保たれているので、お盆の暑い時期にはまるで天国のように感じる穴場になっています。

どれだけ汗をかいていても、鍾乳洞に入ってから数分たつと汗が引くぐらい、鍾乳洞内は涼しい環境になっています。

日原鍾乳洞公式サイト

名称:日原鍾乳洞
住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
時間:8:00~17:00
料金:大人700円、中学生500円、小学生400円

野毛山動物園(神奈川県)

野毛山動物園

横浜駅から少しの距離にある野毛山動物園には、約80種類の動物が飼育されています。
中でもレッサーパンダは、幅広い年齢層の方に人気だそうで、カップルか家族連れにもおすすめの場所になっています。

野毛山動物園の一番の特徴は、入場料が無料である事です!
無料で80種類の動物が見れる動物園なんて、なかなかないですよ!

野毛山動物園公式サイト

名称:野毛山動物園
住所:横浜市西区老松町63-10
アクセス:京浜急行「日ノ出町」駅、JR根岸線、横浜市営地下鉄「桜木町」駅
料金:無料
休園日:月曜日

空と大地の丘 森本農園(千葉県)

空と大地の丘

千葉県にある森本農園は、野菜の収穫や果物狩りを体験することができ、さらに収穫した野菜はBBQで食べる事が出来るのです。

夏といえばBBQなので、忘れられない思い出になる事間違いなしですよ!

ちなみに予約制になっているので、公式HPで確認は必ずお願いします。

空と大地の丘情報サイト

名称:森本農園
住所:千葉県木更津市矢那3692
料金:大人2000円、子供無料(BBQ付は3500円)

オービィ横浜(神奈川県)

オービィ横浜

flickr photo by Kentaro Ohno

横浜みなとみらいにあるオービィ横浜は世界初の大自然超体感ミュージアムが最大にウリで、行く前はあまり期待していなかった大人も、行った後はかなり興奮する人が続出するぐらい話題の観光スポットになっています。

オービィ横浜公式サイト

名称:オービィ横浜
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5?1
料金:大人:2600円、小中学生1300円、60歳以上2000円、4歳以上500円
アクセス:横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結、JR 京浜東北・根岸線「桜木町駅」

スポンサーリンク
スポンサーリンク