毎年、読書感想文を苦戦する人はたくさんいます。
特に小学生であれば、書き方なんてあるの?と思うかもしれません。

そこで、学生時代に読書感想文全国コンクールで学校賞(確かそんな名前だったはず)を受賞した当メディア管理人が、1日でマスターできる読書感想文の書き方を伝授します。

スポンサーリンク

読書感想文 小学校低学年向けの書き方

7c418ad12916be8b26f94fe03e100fae_s

読書感想文低学年だと一人で書くのは難しいものです。
ですから親子で楽しく書くつもりで行きましょう。

子供が気に入る本を選びます。

選べたらスタート。

まず書く内容を抽出しよう

本を読んでもらったら、

  • 面白かった所
  • 自分と似てる所
  • 自分と違う所
  • 私ならどうするか
  • どうしたらいいのか。

を紙にまとめて行きます。

幅の大きめのポストイットに書くのもいいですよ。

並べて行こう

まずは本のタイトル

なぜこの本を選んだか

面白かった所

自分と似ていた所・違う所

自分ならとうするか、どうしたほうが良かったか。

まとめ

となります。

完成

これで書いていけば完成です。

まだ小学生になったばかりの低学年。
いきなり読書感想文を書け!なんて言われても書けないものです。

書きやすいように大人がサポートしてあげるだけで、簡単にかけるようになります。

面倒だけれど大人のサポートが必要な時期です。
小学生だからこそ手伝ってあげられる時期なので、大人も楽しみながら行う事で思い出の夏休みになるかもしれませんね。

読む本を決めてその本についてのあらすじを並べるのではなく、自分の意見や思ったことを盛り込むとそれだけで立派な読書感想文の出来上がりです。

紙などに書いてから書くことでよりまとめやすくなりますね。

最近は学校などでも、読書感想文用のプリント配られることもあります。

ネットでも配布しているサイトも多くあります。
苦手な子供が多い読書感想文もコツをつかめば、すぐに出来てるようになります。

読書感想文 小学校中学年向けの書き方

c0f3549fd6c59be2ac99b9708557f8d4_s

低学年の頃はなんで選んだか、どこが面白かったなどを順序良く並べて行きましたが、中学年になったらもう少し書き方に工夫をしていくといいでしょう。

はじめに

書き出しはいつ。
どこでの書き出しではじめています。

  • 思ったこと
  • 題名の工夫
  • どうしてこの本を選んで書いたか
  • 途中に感じたこと
  • そのたとえ
  • 書き出しの工夫

自分だけがしたことを書いていきます。

すべての段落を3行ぐらいで書くことを目標に書いていきましょう。
すべて「です」「ます」調で書いていきましょう。

コツは低学年と一緒

低学年の時同様にポストイットなどに感想を簡単にかいてから、並べ替えその内容から文章を膨らませてかくとより書きやすくなります。

コツは低学年の時と似ていますが、書かなければならない事をメモしていくこと。
いきなり作文用紙に書こうとしても、なかなか書けないものです。

・思った事
・感じたこと
・自分だったらこうする事
・こうしたら良かったのにと思う事

などすべて簡単にまとめていきます。

それを参考にして自分で組み立てていきます。
組み立てられたら、作文用紙に書いていきましょう。

メモを元にして文章を膨らませて書いていきます。
先にも書きましたが、1つの段落を3行ぐらいに抑えながら順序良く書いていきましょう。

できたら読みなおします。

字の間違いがないか
文章のつながりがおかしくないか

などしっかりチェックしていきましょう。

完成

それでよければ、清書をして完成です。

読書感想文は作品のあらすじをかくものではありません。
物語のエピソードに注目してその物について語っていくのがいいでしょう。

低学年ではやらなかった書き方の工夫をすることで、ちょっと違う書き方ができます。
読書感想文が苦手な子供が多いのは、あらすじを書き連ねてしまうからなのです。

  • 自分の感じたこと
  • 思ったこと
  • 主人公と似てる所
  • 似てない所
  • 面白いと思ったこと
  • 違うなっと思った事

などメモしていく事で格段に書きやすくなります。

読書感想文は難しいものではありません。
本を読んで思ったことを書くだけで出来てしまいます。

中学年はそれを上手にまとめて工夫することが大切です。

読書感想文で小学校高学年向けの書き方とは?

4a4719b7a48b9efc9f8215ba7bd9035e_s

高学年になってくると常体での文章が多くなってきます。

教科書などで書いてある事も多くなるので「だった、なのだ、である」の様な書き方で書いていくのに慣れて行きましょう。

体験談を利用しよう

五年生以上になってくると、物ごとを大きくとらえることが上手にできるようになってきます。

出来事に対して、どんなことを学んだかわかったのかを書いていくといいです。
文に変化を持たせることも必要なので、同じ事でも違う表現で書く習慣をつけるとよりいいです。

構成をしっかり考えながら書いていくのは、低学年の時同様とても大切です。

高学年になってくると書く内容も難しくなってくるので、苦手になる子供も多くなってきます。

自分の体験したことも交えて書いていくといいです。
出来るだけ個性的に感動、挑戦がある内容を書いていくといいです。

感想を入れる

作文のむすびに大きくとらえた感想を書くようにしましょう。

中学年だと

「とても楽しかった。ずっとこんなふうな家族でいたい」

になるが高学年になったら

「とても楽しかったです。家族の存在は私たちにとってとても安心できて大切なそんざいなんだと思いました。」

の様なまとめ方になってきます。

実例中心の作文から、主題中心の作文に切り替わってくるのが高学年です。

6年生になると受験をする子供もでてきて忙しくなり、本を読む時間すらなくなってくる時期でもあります。

こんな時期だからこそ、本を読む習慣をつけていくといいでしょう。

高学年になると「今までの様な面白かった。そうなるといいな。」などの簡単な書き方ではなく、表現が違くなってきます。

文章の書き方に変化を持たせ構成をしっかり考え、自分の体験談などを載せて書くことで、高学年らしい読書感想文が書けるようになります。

実例中心から主題中心の作文になり、より一層苦手に思う人も多くなります。

低学年の頃からやっている書きたい事をメモしていく方法は、高学年になってもとても有効な方法になってきます。

書く内容は変わってきても書き方の基本は変わりません。
気持ちをしっかりメモしてまとめることをやれば、決して難しくない読書感想文です。

個性を出しでみんなと違う個性的な読書感想文をかきましょうね。


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク