もうすぐ敬老の日がやってきます。みなさん敬老の日に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。

毎回お祝いする人も多いのではないでしょうか。

この記事では敬老の日とは何か、敬老の日の具体的な日時や何歳から祝えばいいのか、はたまた老人の日との違いについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ぜひ敬老の日について詳しくなりましょう。

敬老の日の概要

5f346413f690795352acda674cb65d16_s

みなさん敬老の日について詳しく知っていますか?

国民の休日だという認識はあるものの、あまり知名度は高くありません。
敬老の日の由来など細かい部分まで知っている人はかなりまれかもしれません。

そこで今回は敬老の日について少し簡単に概要についてご紹介します。

さきほども言ったように、この日は国民の祝日の一つとなっています。
これはもうみなさんご存知ですよね。
休日になるのでうれしく思う人も多いのではないでしょうか。

詳しい日日までご存じない方に例年の敬老の日をご紹介しましょう。

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日です。
ちなみに、なんと最近2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていました。

これはあまり知られていないでしょう。

敬老の日はだれがどのように決めたのか疑問に思うかもしれません。

実は法律で決まっています。

法律で定められており、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことをモットーとしています。

なんだか固いですが、要は老人を敬いましょうというおめでたい日です。

敬老の日の詳細(意味や由来)

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

みなさん敬老の日の始まりについてご存知ですか?

実はあまり知られていないのですが、敬老の日は、昔々に関西地方のとある小さな村のうちで、毎年9月15日に行われていた「敬老会」というお祭りがもとになったといわれています。

なんとも簡単にできてしまったような感じですが、このお祭りはとあるその村の村長さんが「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という素敵な思いから開催したものだそうです。

なんだか素敵ですよね。

さらにここで豆知識ですが、なぜその日にしたのかというと、9月15日という日は農業がひと段落して落ち着いてくる時期だからだそうです。

けっこう理にかなっている素敵な日だと思います。

より詳しく説明していきましょう。
その当時までは国民の祝日として成人式などは定められていたものの、おじいちゃんおばあちゃん、つまり老人の方々の記念祝日は存在しませんでした。

したがって、ある村の村長さんが主催したお祭りの日をその村固有の祝日としようということで、敬老の日が始まりました。
これが現在の敬老の日の始まりだといわれています。

では、なぜ日付まで決まっているのでしょうか。
これはたくさんの由来、説がありますので、ほんとうにいろいろな解釈があります。

例えば先ほども言ったように九月の中旬あたりが最も農業が落ち着いてくるころで、とても都合がいいからその日を敬老の日にしたという説や、聖徳太子など歴史上の人物が絡んでくることもあり、諸説あります。

敬老の日は何歳から祝うのか?

455ddbec2e5b68e1167e635c01be6a9d_s

では、敬老の日に定められている老人の定義、つまり年齢はあるのでしょうか?

実は敬老の日には特に対象年齢があるものではありません。
当然といえば当然ですよね。

自分でおじいちゃんおばあちゃんと思えばそうなのかもしれませんし、孫ができたらもうおじいちゃんおばあちゃんなのかもしれません。
ここの定義はあいまいです。

孫たちにしてみれば若かろうとおじいちゃんおばあちゃんであることに変わりはありませんからね。

とは言っても、やはりまだまだ現役で若いおじいちゃんおばあちゃんからしたら、敬老の日を祝ってもらうのがあまりうれしくないかもしれません。

そういう事情もあってか、敬老の日の定義はかなり難しい問題だといえます。

日本の法律の観点からみると、やはり高齢者は65歳以上だとされています。
高齢の線引きはとてもアバウトなので、簡単に判断できるようなものではありません。

ちなみに国連では60歳以上、国連の世界保健機関 (WHO) の定義では、65歳以上の人のことがおじいちゃんおばあちゃんである、つまりは高齢者であるとされています。

つまりけっこうばらばらであるということです。

老人の日との違い

bbf654ed7e2263bc5cf3f1178a9bd60b_s

敬老の日とは別に、老人の日があるのはご存知でしょうか?
実はあまり知られてはいませんが、混同されやすいこともあり、あまり有名ではありません。

老人の日があったことなんて知らなかったという人や、敬老の日と同じではないかと思っている方まで様々です。

ここではそんな混同しがちな二つの記念日について具体的な敬老の日と老人の日の違いについて説明したいと思います。

まず、先ほども書いたように、敬老の日とは、国民の祝日の一つです。
それとは反対に、老人の日は9月15日とされています。
日日までしっかり決まっているのです。

老人の日にももちろんモットーのような意義があります。
それは、国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促すため、老人の日を設けるということです。

少し堅苦しいですがこれが老人の日の定義となっております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク