防災の日とは何なのでしょうか?
実は火事などを防ぐ日ではないのです。

日本らしい祝日になっています。

スポンサーリンク

防災の日とは?

b48ea477e9b17e8363e7e75c51670efc_s

日本にはさまざまな記念日がありますが、その中で防災の日として9月1が記念日として定められています。

台風や地震などの自然災害が多い日本なのですが、防災の日はあまり浸透していないようですね。

学校や地域、またビルや集合マンションなどに関係している方は、印象として避難訓練をする日というイメ-ジを持っている方も多いでしょう。

この日には、地方公共団体や政府などをはじめとして、全国民が台風や地震、津波などのあらゆる災害に対する認識を深める日なのです。

防災の日が定められたのは、1960年、昭和35年です。
日付は先述しましたが9月1日で、自然災害である津波や地震、台風や高潮などに対しての防災思想を普及させるというのが目的でした。

そして防災週間として防災の日を含む1週間の期間が定められ、防災に関する訓練や講演会などの行事が全国で広く実施されています。

防災の日の由来

6ba2d1f1c7be7fecd42b2939caed9dce_s

この記念日が、なぜ制定されることになったのでしょうか。

それは、防災の日の由来となった災害が関係しています。
防災の日の制定には、日本を襲った2つの大きな災害が由来となっています。

1つ目は、1923年、大正11年の9月1日に起こった関東大震災です。
防災の日の日付というのは、関東大震災の発生日から制定したものです。

関東大震災は、1923年の9月1日、時刻は11時58分44秒に伊豆大島付近の相模湾北西部を震源とする相模トラフで起きたもので、海溝型の大地震でした。

地震の規模としては、震度6でマグニチュードは7.9を記録しています。
津波が海岸部で発生し、山崩れが山岳部で発生しました。

この影響で被害としては、死者や不明者が14万2807名、約190万人の方達が被災しました。

そして25万4000件余の家屋が全半壊し、焼失した家屋は44万7000件にもなりました。

この被害では、地震の大きさだけでなくその後の大規模な火災の発生が被害を拡大させたのです。

というのも、地震の発生当時に台風が能登半島付近に接近し、その強風のために煽られて急速に火災が広まりました。

焼失面積は、38.3平方キロメートルに及んだとのことです。

このように防災の日として9月1日が、選ばれたのは地震の発生日だけでなく、日本を例年のように襲う台風の発生シーズンであるということも関係しています。

また、もう一つの理由として防災の日制定に関係したのは、伊勢湾台風で1959年、昭和34年9月26日に発生したものでした。

6b2780a9d25d412b1014b7ff58e9496c_s

この台風による被害が防災の日の直接的な由来となっているようです。

この台風では、死者、行方不明者が約5000人、また4万人近い負傷者を出す大災害となりました。

阪神・淡路大震災が1995年に起こるまで、戦後では最大の自然災害となっています。

この翌年である1960年に伊勢湾台風の猛威を契機として、国によって防災の日が正式に制定されました。

新しい防災の記念日の制定

66034279ba38a576ec1cdeb5b9d38741_s

防災の日の9月1日に加えて、防災関連の記念日を3月11日にも制定するという動きがあるようです。

3月11日と言えば、東日本大震災で未だに復興が完全には至っていない状況です。

防災の日の由来となっている甚大な被害をもたらした関東大震災や、伊勢湾台風のことも忘れてはいけません。

しかし現代の人々に鮮明な自然災害としてのイメージが、より大きく残っているのは近年に起こった東日本大震災でしょう。

実際に防災意識は、東日本大震災の発生後、国民の中で飛躍的に高まったようです。

そのような状況の時に記念日を合わせることで、より高く防災意識を啓発したいという意図があるのです。

常に防災意識を持っているということが大切なのですが、つい平和な何もない日々が続くと忘れがちになるものです。

しかしそんな自分の意識を防災の日に見直すことで気を引き締める機会ともなります。

ご自分にできる範囲で過去からの教訓を忘れないようにし、防災やその対策に努めていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク