2017年もやってくるハロウィンの季節。
しかし、そもそもハロウィンとは何なのでしょうか?

ハロウィンの歴史などを、子供でも分かりやすくストーリー調に簡単に解説してみました!

スポンサーリンク

ハロウィンとは?

3febd131ead90be5993cfb6ca054b2ba_s

そもそもハロウィンとは、イギリスの10月31日に行われる古代ケルト人が由来とされる収穫祭のひとつで、同時に冬の始まりとされて死者の霊が家族を訪ねてくるとされていたため、悪霊も一緒に呼び込まないために行われた行事で、発祥当時はカボチャではなくカブを使っていた時期もあった。

古代ケルト人の信仰の中で生まれたハロウィンですが、アメリカに渡ったり日本に渡ったりと伝わるにつれて、発祥当時の信仰とは関係なくなり次第に、ひとつの行事としての意味合いが増えてきました。

日本に入ってからはお菓子メーカー・玩具メーカが参入することで、より信仰とはかけ離れよりひとつの行事としてのハロウィンになっていきました。

現在では、ハロウィンの名前だけが先行し、本当のハロウィンを知らないという人が多く存在し、より一層イベントとしてのハロウィンが定着してきています。

ジャックオーランタンにも実は怖い由来がありますがここでは割愛して、ちょっと怖いハロウィンを子供がわかるようにまとめてみましょう。

ここからは、子供向けに解説してみましょう。

現代とは異なるハロウィンの本当の姿をわかりやすく、子供にもわかるように解説していきます。

物語テイストになっているので、より読みやすさを考えて述べていきます。

ハロウィンの起源や由来を子供向けに簡単に解説してみた

75f794c0621f1a2d864e69b33074ebc3_s

イギリスのケルト人の住むこの村は、10月31日が1年の終わりとされていました。

そして、この終わりの1日は1年の終わりと同時に、亡くなった人も家族の元に帰ってくると言い伝えられていました。

家族の霊であれば家族も一安心なのですが、中には悪さをする悪霊も来るとされていて、村人が恐れていました。

それもそのはず、村人にとってこの日は食べ物が荒らされたり、魂をとられたり子供をさらったりするとされ、死んだ人の世界とこちらの世界の境目がなくなって、死者の霊が悪霊と一緒に人里におりてくるとされていたのです。

そこで、村人たちはカトリック教会の宣教師と話し合いました。

55ea0b8ca4156b8405673233ade78a99_s

1年の終わりでもある10月31日の夜に悪霊が来ても、災いを起こさないように悪魔のマネをしようとしました。

カボチャの中をくりぬいた中にろうそくを立てて、ジャックオーランタンを作り魔女やお化けの格好をして、『ここには、もう悪霊がいますよ~』と本当の悪霊をだますという方法を考えたのです。

子供たちが悪霊のふりをして一軒づつ訪ねて歩きました。

aaeda7b6aafb6d0b02bb7e874f363b17_s

そのときにいった言葉は『トリックオアトリート(お菓子をくれないとイタズラするぞ)』といって回りました。

本物の悪霊にイタズラをされるより、子供のかわいい姿でお菓子を与えたほうが村人としても負担が少なく済んだのです。

そして、悪魔の格好を子供がしたのにも理由がありました。
それは、あえて人が普段しない格好をすることで、悪霊を遠ざけてしまおうという意味合いもありました。

この村は無事に翌年を迎えることができました。
このことがハロウィンとしての始まりとなりました。

そんな悪霊を追い払うために始まったハロウィンですが、時代の流れとともに次第に形式が変わってきました。

それまでは、野菜のカボチャをくりぬいて作っていたジャックオーランタンは、普通にこの時期になると店で売られるようになりはじめ、変装する衣装も多種多様な衣装も増えてきました。

85c041752e0c9f01de9fe71bcafa055e_s

今年はドラキュラ、来年は魔女。
といったように一年ごとに違う衣装を着たりと多く広がっていきました。

そして、今のハロウィンのようになっていきました。

ハロウィンはいつから日本で流行?

日本に伝わったのは1990年代と意外と最近で、あのランドが関係していました。
東京ディズニーランドです。

ディズニーランド

flickr photo by hiroshi ataka

当初はイベントのひとつとして始まりましたが、次第にあちらこちらでハロウィンのイベントが派生していき、2000年代にこのイベントに目を付けたお菓子メーカーがさらに発展させていきました。

そして、日本のアニメのコスプレイベントとも融合することやSNSの登場でさらに波及し、より目立つハロウィンへとつながっていきました。

原点をたどるとイギリスのハロウィンにたどり着くのですが、現状の日本国内でのハロウィンは元のハロウィンの趣旨とはかけ離れてきています。

ここまでハロウィンについて述べてきましたが、ハロウィンと一言で区切ることはできない状況になってきています。

162f1e4059751b0b9b215270ecf378d0_s

大手のお菓子メーカーや玩具メーカーが介入することで、本来のハロウィンとは異なる方向にイベント化しているのも事実です。

いい意味で企業の稼ぎイベントになりつつあります。

ここでは割愛した、ジャックオーランタンについて少し述べると、ハロウィンの日にこのジャックオーランタンを作り家の戸口などに置きますが、このジャックオーランタン。

実はウィル・オー・ザ・ウィスプという、この世で罪を犯し昇天しなかった魂などが拠り所を求めて彷徨っている姿をランタンに憑依させている姿を象徴するということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク