冬の寒い時期になると、暖房器具がないと寒さに耐えられません。
ただ、暖房器具って光熱費が高いですよね。

光熱費が安くても、暖かくないようでは困ります。毎年冬になると決まって悩みの1つとして暖房器具の電気代と効果のバランスです。

主に電気代が安いとされるのは、こたつとエアコンです。みなさん、どちらが安いのか、ご存知ですか?

スポンサーリンク

どちらが安かったとしても、節電したり、より快適な生活を過ごしたりするのに、何か工夫があるものなのでしょうか?

そういった疑問を解消するために、下記のようにまとめました。

読んで理解していただき、今後の生活に一工夫を入れてみましょう。

こたつのメリット・デメリット

こたつのメリット・デメリット

こたつを使用するにあたり、メリットとデメリットがありますので、それぞれ取り上げてみます。

(1) メリット

メリット

電気代が安いです。他の暖房器具に比べると、暖めるべき面積は狭くて済み、こたつ布団に囲まれているために熱がこたつの中から逃げにくく、電気消費量を少なくして効率的に身体を温めることができます。

ゆったり、くつろげる空間となります。こたつに入れば、足を伸ばせますし、背中を倒せば、そのままゴロゴロ寝っ転がることもできます。また、2人以上で生活している家庭であれば、自然にみかんを食べながら楽しく会話しながら暖をとるようになります。1m×1mという空間であれば、人と人との距離も近くなるので、自然にそうなります。

・こたつを使わない時期には、こたつ布団を外した状態でテーブルとして使えます。つまり、オールシーズンにおいて使える家具でもあるということです。

・冬場は外の気温が低い影響で、外で洗濯物を乾かすには手間どりますが、こたつの中に入れることで洗濯物を乾かすのも可能です。

(2) デメリット

デメリット

・こたつの中に足を入れ続けることによって、つい入り浸ってしまいます。そのことにより、うっかり眠ってしまったり、ゴロゴロしてばかりでだらしない生活習慣となったり、外に出かけるのも億劫になったりします。

・入り浸ってゴロゴロしてしまうので、勉強や作業には非能率的で不向きです。このことにより、テーブルとしての機能があるものの、勉強や作業用の机の代用にはなりえず、こたつの存在により部屋を狭くしてしまうというデメリットにつながります。

・こたつのスイッチを消し忘れやすいことです。このことにより、火事の原因にもつながります。こたつのスイッチが、こたつ布団の中に埋もれていたりして、目につきにくいところにあるのは、こたつの大きな欠点です。

・こたつ布団を収納する場所の確保と洗濯する手間を要します。こたつ布団は年1回、洗濯する必要があります。洗濯しないと、カビやホコリが付着したまま使用することになり、衛生的に良くありません。


スポンサーリンク

エアコン(暖房)メリット・デメリット

エアコン(暖房)メリット・デメリット

エアコンを使用するにあたり、メリットとデメリットがありますので、それぞれ取り上げてみます。

(1) メリット

メリット

部屋全体を暖めてくれることです。このため、こたつのように、一部の空間から脱出するのがストレスになるというようなことはありません。

・他の暖房器具が持っている発火性のリスクが極めて低いことです。それだけ安全性が高いということなので、安心して使用することができます。

・時間設定や温度設定ができるので、電源の消し忘れというミスがなく、計画的に電気を消費することが可能です。また、先に他の暖房器具を使用して部屋を暖め、暖まった段階でその暖房器具をエアコン使用に切り替えることによりランニングコスト削減をサポートすることができます。

(2) デメリット

デメリット

・外気温に影響されやすく、冬場は室内外の温度差が大きいために、その分電気消費量が多くなります

・他の暖房器具に比べ、部屋が暖まるのに時間がかかります

・エアコンの機器そのものの代金が高く、設置にも業者へ委託するコストもかかります

・エアコンには室外機の設置も必要で、そのスペースを確保する必要があります。

・定期的にフィルターを外して洗浄する必要があります。洗浄を怠ると、カビやホコリがフィルターに溜まり、悪臭がします

・冷房機能付きの商品が多く、夏の冷房時の冷気が液化したものがフィルター以外の部分にもこびりつき、そこにカビや細菌が繁殖し、それが原因で故障するリスクがあります。

・故障のリスクがやや高めであるのも、故障時に業者へ委託するコストがかかるのもデメリットです。

こたつの電気代

こたつの電気代

こたつの電気代は、1時間あたり約2~3円かかり、1日つけっぱなしにすると、約48~72円となります。

消費電力について、500~600Wの表示がされていますが、最近のこたつには自動的にスイッチのオンとオフを切り替えるというサーモスタット機能がついており、実際は平均100Wの消費になっています。

スイッチには強・中・弱の三段階の強度があり、強で約200Wの消費電力で1時間約5円、弱で約80Wの消費電力で1時間あたり約2円です。

サーモスタット機能がないこたつでは手動でスイッチを切り替えることになるので、必然的に高くなります。

エアコンの電気代

エアコンの電気代

エアコンには、暖める範囲の大小等によって様々な種類がありますが、多くの家庭で使用される、平均300Wの消費電力の10畳用のタイプで試算すると1時間あたり約7円で、1日つけっぱなしにすると、約168円となります。

ただ、エアコンも機能が進化してきて、省エネタイプのものが売り出されているので、もっと安く抑えられる可能性はあります。
商品によっては、1時間あたりの電気消費量がこたつとそう変わらないものもあります。

エアコンを購入する際には、省エネ機能がどのくらい働くものなのか確認しておくといいでしょう。

どちらが安い?

どちらが安い?

では、こたつとエアコンの電気代を比較してみましょう。次の表をご覧ください。

1時間あたり

1日つけっぱなし

こたつ

約2~3円

約48~72円

エアコン

約7円

約168円

1時間あたりでは、こたつは約2~3円、エアコンは約7円であり、1日つけっぱなしにしたとして試算すると、こたつは約48~72円、エアコンは約168円となります。
すると、こたつの方が安く、エアコンの約1/3のコストであることがわかります。

ただ、この比較はあくまで平均的な数値に過ぎません。
エアコンの電気代のところでも述べましたが、商品によっては省エネ機能で節電効果をもたらすものもあり、料金差の大小があるので、商品ごとに確認しておくといいでしょう。

お勧めの使い方

お勧めの使い方

上記で比較してきたように、確かにこたつの方がエアコンより平均的に電気代は安いです。

しかし、こたつのデメリットにはゴロゴロしてしまう生活習慣というものがあります。
それは、こたつの外の温度が暖かくないことが原因です。

そこで、こたつとエアコンの併用をお勧めします。

ただし、エアコンは通常使う温度より2度くらい下げ、20度くらいにしておきます。
なぜなら、こたつで下半身を温めれば血流が良くなり、体感温度が上がり、身体全体まで温かさを感じることができ、多少の低い室内温度でも寒く感じにくいからです。

おまけに、こたつの外へストレスなく出ることが可能となり、いつまでもゴロゴロとこたつの中で入り浸るようなこともなくなります。

エアコンの温度を低くすることは、室内温度と外気の温度差を小さくすることであり、それだけ電気消費量を抑え、節電にもなります。

また、こたつに断熱シートやカーペットを敷いたり、湯たんぽを中に入れたりすると、温度を高める効果があるので、こたつの温度を弱にする程度で、十分に高い体感温度を得ることができる上に、電気消費量を抑えることができるので節電にもなります。

まとめ

まとめ

ここまで読んでみて、いかがだったでしょうか?電気代が安いとされる暖房器具であるこたつとエアコンについて、様々な点で紹介してきました。

電気代のみで比較をすれば、確かに、こたつの方がエアコンより安いです。

ただ、電気代が安いこたつにもデメリットがあり、電気代が高いエアコンにもメリットがあります。

そこで、こたつとエアコンの双方のメリットを活用し、併用することでよりよい生活習慣と節電効果をもたらすことができます。

その方法としては、両器具のそれぞれの暖まり方や電気消費の仕方から見計らって、使用するタイミングを工夫することにあります。

また、こたつには断熱シートやカーペットなどを敷くことによっても節電を行うことができます。

簡単な方法で工夫ができるので、今後すぐにも試してみることができ、その効果もすぐに理解することができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク