養老渓谷の紅葉は絶景です。
ぜひ、見ごろの時期を押さえて、紅葉を堪能して下さい。

スポンサーリンク

養老渓谷の概要

養老渓谷

養老渓谷は、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる支流、養老川の長年の流れによって形成された渓谷。

春はツツジにフジ。秋には雑木の紅葉が美しく有名で、ハイキングコースも整備されているため、紅葉を感じながらのハイキングは絶品。

秋の紅葉だけでなく、夏休みの期間にはバーベキューやキャンプなどができるイベントを企画したりと、千葉県内有数の観光スポットとなっている。

2007年には日本の地質100選にも選ばれ、世界的価値も高まりつつある養老渓谷です。ハイキングコース沿いには温泉もあり、ハイキングで疲れた足を癒すにはもってこいの観光スポットとなっている。

そのほか、1983年の千葉県の人口が500万人を突破したことを記念に選ばれた『房総の魅力500選』にも選ばれたことから、その人気度高さもうかがえる。

場所

養老渓谷は概要の通りに千葉県の夷隅郡の大多喜町にある渓谷で、周辺の山々の谷間となり県道81号線。通称『清澄養老ライン』と呼ばれる市原天津小湊線の途中にある渓谷です。

紅葉の時期になれば、養老渓谷に至るまでの周囲の山々も紅葉に色づくので、公共交通機関を使って向かってもハイキングコースを歩いても一様に楽しめます。

『いすみ鉄道 上総中野駅前・養老渓谷やまびこセンター前・旧会所分校にて』

例年11月23日10時~15時までの間、養老渓谷紅葉まつりが開催されます。やまびこセンター前と旧会所分校の駐車場は無料開放となり、農産物の物販もあり大いににぎあいます。

料金

料金

養老渓谷そのものは自然なのでかかりませんが、養老渓谷自体が広く色々な滝があるので車での移動が必要不可欠になります。そのため、駐車場を利用することになります。

ですが、その駐車場料金も1時間単位ではなく『1日』単位となっていて、その料金も400円~500円(普通車)と都心部とは異なり安価な価格となっています。


スポンサーリンク

養老渓谷の一番見ごろなピーク

養老渓谷の一番見ごろなピーク

養老渓谷の例年の見ごろは、

11月下旬(11月25日~30日)~12月上旬(12月1日~10日)

となっていて、東京23区・多摩・西東京発などのツアーも予定されています。
そのため、ツアーを利用しての紅葉狩りをしてみてもいいですね。

養老渓谷の混雑状況・混雑対策

電車で訪れる場合

電車で訪れる場合

バスツアーで養老渓谷を訪れるのもいいでしょうが、電車で訪れる場合はJR小湊鉄道線の養老渓谷駅から、駅を背にして左折して踏切を渡った先の清澄養老ラインを、天津方向に23分で1.8キロと比較的平坦ではあるものの、結構な距離があります。

しかし、この長い距離も紅葉を見ながら渓谷に向かえば、ちっとも苦にならない距離でもあります。養老渓谷(住所の位置)に行くには、小さな看板のペンションせせらぎの看板が目印となっている小道を入っていくと行くことができます。

上記の方法で直接向かってもいいでしょうが、やっぱり、駅前観光案内所に立ち寄りましょう81号線を天津方向ではなく左折するとすぐ右手に見えてきます。

そのほか、この時期になるとJR小湊鉄道では、養老渓谷駅~上総牛久駅までの区間でトロッコ列車の運行がなされ、通年運航されるので、あえてトロッコ列車の整理券をもらって養老渓谷に向かうという手もあります。

トロッコ列車に関しては、専用受付電話(0436-23-5584)にて10時~16時まで受け付けを行っていて、乗車2日前までは受け付けすることができます。

なお、電話受付のほかwebからの整理券受付

里山トロッコ公式サイト

受付と同時に空席状況も確認することができます。

車で訪れる場合

車で訪れる場合

養老渓谷駅手前の81号線入口から柴又の滝に至るまでのあちらこちらに、駐車場が設けられているので気軽に車で来ることもできます。まず、81号線沿いに養老渓谷へ向けて来たら、駅前観光案内所に寄り駐車場案内などの情報を仕入れましょう。

そのほかにも、車がトラブルに見舞われたら(有)小茶自動車が途中にあったり、佐川商店で給油。養老渓谷入口でもある、足湯のやすらぎでは、『自家源泉』の足湯でハイキングの疲れをいやすこともできます。

車での観光は、当然のように休日・祝日は混みあいます。養老渓谷に向かう道路が81号線しかないために、81号線に合流するる支線なども若干の混雑が予想されます。

そのため、観光案内所からの駐車場を案内されたら、駐車して徒歩でのハイキングに向かうことをおすすめします。

養老渓谷の紅葉のライトアップの期間と時間帯

養老渓谷の紅葉のライトアップの期間と時間帯

養老渓谷では、幻想的に浮かび上がる紅葉のライトアップが行われます。その幻想的なライトアップは。

『栗又の滝・老川十字路・中瀬遊歩道にて』

11月下旬(11月20日~30日)~12月上旬(12月1日~10日)の17時~21時30分まで行われます。

まとめ

養老渓谷の紅葉は、自然の幻想的な紅葉を楽しむことができる有名なスポットで、各商店が協力し合って養老渓谷の紅葉を盛り上げています。

今回は、紅葉の記事でしたので述べませんでしたが、夏休みの時期には『夏だ!キャンプ&バーベキュー特集』と銘打ち、養老渓谷の森林浴と川遊び・カブトムシ採りなど、イベントが盛んにおこなわれています。

詳しくは、養老渓谷観光協会ホームページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク