秋になると、ハロウィンの時期がやってきます。ハロウィンでは、よく「ハッピーハロウィン」という言葉の飛び交う場面がありますね。あれは、どういう意味で使われているかご存知ですか?もし、あなたに対して「ハッピーハロウィン」と言ってきた人がいたら、何と返事しますか?「どうも」と返事するのは、何となくぎこちないですね。

この記事では、「ハッピーハロウィン」の言葉について紹介します。読んでいただければ、あなたも堂々と「ハッピーハロウィン」と言えるようになります。

スポンサーリンク

どうして「ハッピーハロウィン」というのか?

どうして「ハッピーハロウィン」というのか?

「ハッピーハロウィン」とは、大まかに言えば、「メリークリスマス」や「ハッピーバースデー」、「ハッピーバレンタイン」などを言う際のニュアンスとほぼ同じで、「特別な日を楽しく過ごしましょう」という意味があります。

その意味で使われているのには、実は深い理由が2つあります。その理由を下記のとおり紹介します。

宗教に由来する理由

宗教に由来する理由

「ハッピーハロウィン」は、宗教に由来しています。ハロウィンは元々、ヨーロッパの古代ケルト人の宗教的な儀式でした。ハロウィンの日は10月31日でありますが、これにも由来があります。

その翌日の11月1日が、キリスト教上では重要な日「万聖節(All Hallows)」であり、全ての聖人の祭日です。その前夜を祝う意味で「All Hallows eve」と呼ばれましたが、その言葉が訛って変形してハロウィンとなったと言われています。

「万聖節」とハロウィンの関係は、クリスマスとクリスマスイブのそれと似ています。ケルト人は10月31日に、「万聖節」の前夜祭として秋の収穫に感謝の気持ちを込めて祝いました。

また、ケルト人にとっては日本のお盆と似ていて、ハロウィンの時期に先祖の霊が帰ってくるという考え方がありました。霊界と人間界の境界がなくなる日という感覚もあり、儀式には悪霊を追い出す意味も込めました。

この悪霊こそが現在ハロウィンで仮装される意味の由来で、悪霊に襲われないように悪霊の恰好をしたことが始まりという説があります。

アメリカの季節的イベントに由来する理由

Halloween prank

flickr photo by Mattie B

ハロウィンの起源は、上述のとおりケルト人の儀式にありますが、本場はアメリカとされています。

アメリカでは、一般的にハロウィンの日に子どもの集団が仮装して街を歩き、「トリックオアトリート(Trick or Treat!)」と近所の家の人に言って、お菓子をもらいます。「トリックオアトリート」は「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味があります。

それを言われた近所の家の人は、そのときに「ハッピーハロウィン」と言って、事前に準備していたお菓子を子どもが持っているかごの中に入れてあげます。

つまり、「ハッピーハロウィン」とは「お菓子をあげるから、いたずらしないでね」という意味も込められています。日本でも、このようなアメリカと似たイベントを行う地域はあります。


スポンサーリンク

「ハッピーハロウィン」と挨拶されたら、どう返事すればいい?

「ハッピーハロウィン」と挨拶されたら、どう返事すればいい?

子どもたちに「トリックオアトリート」と言われたら、「ハッピーハロウィン」と返事することは理解できました。では、大人に「ハッピーハロウィン」と言われたら、どう返事したらいいのでしょうか。

その場合は、そのまま「ハッピーハロウィン」という返事をするのが正しいです。挨拶には、相手の言葉をそのまま同じ言葉で返事をすることが少なくなく、「ハッピーハロウィン」もその一例です。

「メリークリスマス」や「グッドモーニング」の場合と同様です。

まとめ

ここまで「ハッピーハロウィン」について紹介しました。歴史的な背景などから探ってみて、その意味がよくご理解いただけたことでしょう。

これからはハロウィンのときに「ハッピーハロウィン」を積極的に使っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク