身内や親しい間柄の人が亡くなってから一年の間に出す喪中はがき。年賀の返事ができないことをお詫びする意味合いで行われるやり取りですが、喪中はがきは送ればいいというわけでもありません。

では、どこまで喪中はがきを出せばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

喪中はがきとは?

喪中はがきとは?

そもそも、喪中はがきは『喪中欠礼』という年賀はがきを使った年賀のあいさつができないことを『お詫び』するための風習で、親戚や身内を亡くした人が、喪に服す間(なくなった日から1年間)に謹賀新年などの祝いができないことを報告するために、喪中であることから喪中欠礼のあいさつとして、喪中はがきを出す風習になりました。

地域によっては、年賀状の出したり受け取ったりすることを控えるという趣旨から、『年賀状の欠礼はがき』や『年賀欠礼状』と呼ばれることもあります。


スポンサーリンク

兄弟・祖父母・義兄弟に喪中はがきは出すべき?

兄弟・祖父母・義兄弟に喪中はがきは出すべき?

ここで述べるものは、一般的な範囲で宗派・宗教によって異なる場合があるので、参考までにご覧ください。

基本的に喪中はがきを出す範囲として、同居している家族・親族が亡くなった場合には、このようになります。

  • 同居している家族の両親(父母)同居の義父母・同居の養父母になります。
  • 同居している兄弟・姉妹同居の義兄弟・義姉妹
  • 同居している祖父母・叔父・叔母義祖父・義祖母・養子・孫・子などにも送ることになっています。

実に、広い範囲に喪中はがきを送ることになっています。

また、肉親(両親=父母・兄弟・姉妹・子)がその年に亡くなった場合は、両親の父母または養父母。兄弟姉妹・兄弟姉妹の子がその範囲になります。

また、同居していない親族・親戚がなくなった場合は、家族間で相談しあって決める場合が多く、地域によっては、2親等内なので喪中はがきを出すという考え方もある地域も存在します。

*2親等とは、祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹・義兄弟姉妹・孫・配偶者の孫のことを言います。

会社の取引先などに喪中はがきは出してもいいのか?

会社の取引先などに喪中はがきは出してもいいのか?

取引先に送る場合については、基本的な原則があります。たとえ取引先やお得意様であっても、故人の葬儀に『参列』してくださった相手であることが前提となります。

そして、仕事上の取引先については、『個人的なことと仕事上のお付き合いは別』という大前提があるので、出さないケースがありますが、上司と相談して決めることも多いようです。

重要なビジネスシーンでのやり取りも兼ねているので、いくつかのパターンを取り上げてみましょう。

ビジネスのお付き合いとして、喪中であることは知らせずに平常通りの『ビジネス年賀状』を出す場合は、年賀状を出す本人が納得できていれば、問題ありません。

喪中であることを知らせずに、年賀状を出すことを『控えた』場合は、取引先やお客様から年賀状をいただいてしまった場合に、先方に対し失礼にあたるため、好ましくありません。

喪中であることを『知らせた』上での、年賀状を出すことを控えた場合、取引先やお客様に対し一年間のお礼と翌年もよろしくお願いしますという、内容の挨拶状を出すのが丁寧な形になります。

喪中であることを知らせるあなた自身が、経営者である場合にはこうした挨拶状を出すのが望ましいとされています。

  • 喪中であること知らせずにはがきを出す⇒OK
  • 喪中であること知らせずにはがきも出さない⇒頂いたら出した方がいい
  • 喪中であること知らせるもはがきは出さない⇒挨拶状は出した方が良い

まとめ

まとめ

奥が深い『喪中はがき』ですが、送る相手も大所帯であればあるほど大変な量になってきます。しかし、大切なお知らせでもある喪中はがきなので、心遣いとして相手に送りましょう。

ビジネスとしても、個人的なことと仕事上のお付き合いは別の大前提もありますが、やはりそこは人と人の付き合いの中で成り立つ商談もあるので、臨機応変な対応が求められたりもします。

そのほか、潤滑な人間関係はビジネスシーンだけでなく、人同士のつきあいも潤滑にしてくれます。そのため、臨機応変な対応と心同士の付き合いになってきます。

そのことから、ビジネスシーンだけでなく、親戚付き合いや近親者との普段からの連絡が、喪中はがきを送る上で重要になってきます。親戚や親類が亡くなったときだけでなく、普段から色々と話をしあっていたことが潤滑油となってつながりを強くしています。

年賀状が出せない代わりの欠礼としての喪中はがきですが、その大前提が弔意を伝える上での行事です。そのため、亡くなった人がどのくらいの親戚・親類と接点を持っていたのかもしれたり、今は亡き人の過去の話を聞けたりして、明日への糧になります。

そのような、大切な行事でもある喪中はがきがこのまま続いていくことを願っています。

いざ、喪中はがきを送るときになって、普段どのくらい親戚・親類と連絡を取っているかがわかりますね。その時になって困らないように普段から親戚・親類と定期的な連絡を取っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク