年末調整。

それは、企業に勤めていると自然に給料から引かれる控除。源泉徴収で毎月引かれる所得税の部分で、毎月税金として引かれてはいるものの、年度末または年末にその月に徴収した税金の履歴などを照合し、多く徴取していた場合には年末に指定の口座に振り込まれることから、年末調整と呼ばれるようになった。

そんな年末調整が最近少ないといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。ここで、私と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

還付金とは?

還付金とは?

では、そもそも還付金とは何なのでしょうか?

昨今の還付金詐欺とは意味合いが全く異なるので注意してください。どこが違うのかもちょっとだけ取り上げるので、その点もどこかにとどめておきましょう。

本当にもらえる還付金とは、主に毎月の源泉徴収での所得税の支払いで、税務局での予定されていた納税額よりも多かった部分を還付金として返金されるシステムなのです。

年間の所得金額から計算した所得税額よりも、所得税としての納税額が多い場合に予定所得税額との差額分が確定申告を行うことで還付を受けることができます。

この説明だけでも、混乱してしまいそうですが、源泉徴収などで納税することになっている所得税ですが、毎月の納税額が一定になっているのですが、収入の上下によって当然のように所得税の額が変わります。

そのため、どうしても納税しすぎたり年度越しで収入が上がった場合などは、納税額が少なくなったりします。そのため、転職・離職した場合は、新しい会社での源泉徴収・年末調整を行うことで、税務署への申告となります。

税務署

そうすると、もともと月額20万円くらいもらっていた人が、環境の変化で月額15万円くらいの仕事に転職した場合は、初年度の年末調整でその差額分の所得税分の還付金となります。

反対に月額15万円くらいから月額20万円くらいの職業に転職した場合は、還付金はなくむしろ追徴として初年度と次年度にわたって所得税を引かれますが、ずっと引かれるわけではなく予定納税額に達した場合は追徴課税はなくなります。

余談ですが、還付金詐欺とは、このような正確な情報を持たない人を狙って、還付金が発生しないような名目で『還付金があります。ATMを操作してください』と誘導するので、注意が必要です。

また、最近では『受け子』と呼ばれるATMに誘導するのではなく、直接取りに来る手口も増えているので注意しましょう。


スポンサーリンク

年末調整の還付金はいつもらえるの?

年末調整の還付金はいつもらえるの?

余談がちょっとありましたが、その還付金はいつもらえるのでしょうか?それは、会社によって異なりますが、いつの間にかもらっているかもしれません。

というのも、12月の給料が確定して年末調整を行った段階で、以下の項目を考慮した上で『実際に収めるべき所得税』を計算しなおします。

  • 扶養家族
  • 家族の状況(障害などの有無
  • 加入している生命保険の保険料
  • 加入している損害保険の保険料
  • 住宅ローンの控除

上記の内容を考慮した上で計算して、毎月引かれてきている源泉徴収との差額分を計算して清算するのが『年末調整』となります。

ここで、あれ~もらってないよ~という人もいるかもしれません。それもそのはず、『還付金ですよ~』という名目で振り込まれる場合は、少ないので『もらってない』と思うのです。

会社によってことなるのですが、大まかに分けると以下のように分かれます。

  • 12月の給料に含まれている
  • 1月の給料に含まれている
  • 12月の賞与(ボーナス)に含まれている
  • 12月~1月の間に還付金のみ振り込まれる

12月

上記のようなパターンに分かれていて、4つ目の『還付金のみ振り込まれる』のであれば、還付金がもらったことがわかりやすいのですが、そこは会社によって異なります。

大体は、ひとつ目かふたつ目になると思います。では、『どこを見ればわかるのか?』それは、やはり『給与明細』に書いてあります。それも会社によりますが『小さい数字』で書いてます。

『還付金』や『カンプキン』。所得税の項目の数字がマイナス表示になっている場合などは、還付金があることになります。そして、一番の目安が、給与明細と源泉徴収票があれば『還付金がある』と思ってもいいでしょう。

近年、還付金が少ないといわれる理由

還付金が『少ない』と思ったことがある人もいるでしょう。それは、前にも述べている理由が絡んできます。転職や退職はもちろんの事、転職を行わなくても、還付金が少なくなる理由があります。

それは『控除が減った』からなのです。

控除が減った

新たに、住宅を購入した場合や生命保険に加入したりなどをすると、当然のように『住宅控除』や『生命保険控除』なども発生してこの場合は増えますが、扶養していた息子や娘が就職した場合は『扶養控除』が『減る』ので還付金が少なくなります。

還付金は多いと『得』、少ないと『損』ではないんです。

ここまで、年末調整の還付金に関してつらつらと述べてきましたが、年末での臨時収入にも見える年末調整で発生する還付金ですが、実のところ予定所得税から余った部分なのです。

年末にもらえる臨時収入ほどうれしいものはありませんが、年末調整で発生する還付金はあまり期待せずに『オプション』程度にとどめておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク