暮れに世話になった人に対して、感謝する行事としてお歳暮回りといわれている年中行事です。この贈り物の名前が『お歳暮』と呼ばれることから始まりましたが、現在ではお歳暮とは贈答品や行事を含めて『お歳暮』と呼ばれるようになりました。

本来、直接相手方に訪問してお歳暮をしていたために、お返しもその場でできましたが現在は、老舗百貨店から相手方に直送したりすることが多くなったことから、お返しの方式も変わってきています。

スポンサーリンク

『お返しはいらないですよ~』といわれるものの、そのまま『そうですか~』と贈らないといのも、失礼にあたりそうです。であれば、どうすれば年末の行事でもある『お歳暮』で失礼に当たらないのか、時期・マナーに分けてみてみましょう。

お歳暮のお返し時期はいつまでにしたほうが良い?

お歳暮のお返し時期はいつまでにしたほうが良い?

厳密に言うと、必ずしも返す必要というのはありません。元々1年お世話になった人にお礼をするための行事なので、贈られる側としてはお返しをする必要はありません。

昨今の風潮として、見返りを求めたりする風潮が強くお返しをするのが当然のような流れになっていますが、根本的なところではお返しをする必要のない行事となっています。

では、どうやってお礼の意を示すのか?

それは専用の『お歳暮のお礼状』というものがあります。この方式をとる場合は、お返しをしない代わりにとるものです。

最近では、目上の人や上司など日頃お世話になっている方々以外にも、友人にも『いつも仲良くしてくれてありがとう。また来年もよろしくね』のような意味合いも生まれてきています。

ありがとう

時期としては、12月中旬~下旬あたりにお歳暮をいただくことが多く、忙しい時期のために理想としてはいただいてからすぐ返すほうが良いのでしょうが、そうもいきません。

そのような場合は、年が明けてから届くように送る・松の内(1月7日)が過ぎてから贈るのがいいでしょう。そうすることで、礼を尽くしたようになります。

正月の期間を表す『松の内』は、正月の象徴でもある松飾りを置いておく期間のことで、この期間の最終日が1月7日になっています。また、この期間のことを『松七日』と呼ぶこともあります。


スポンサーリンク

電話でお礼を伝えるのはマナー違反?

電話でお礼を伝えるのはマナー違反?

この方法に関しては、『とりあえず』の手段にすぎません。

お歳暮というのは、どうしても忙しい時期に自宅などに届きます。『年末のゴタゴタ』した日などに届いてしまいます。そんな忙しい時期にすぐに返事・お返しができれば苦労はしません。

近年のインターネット時代に到来し、電話・SNSなどが人のつながりとして主流になってきています。しかし、伝統行事手もあるお歳暮のお礼は、メールやSNSで済ませるのではなくちゃんとしたものをお返しにしましょう。

そのため、この方法に関してはやはり今は忙しいから『とりあえず、返事をしておこう』ということであるので、とりあえずが大前提になっています。

礼を尽くすのであれば、『この度はお歳暮ありがとうございました。追ってお返しをさせていただきます』などのメール・電話をした後にお歳暮を贈るというのも、方法のひとつです。

贈る

心遣いも必要だけど、臨機応変に。

ここまで、お歳暮のお返しについて述べてきました。お歳暮自体は1年のお礼を表し贈った相手が、もらったもののお返しとしてものを贈ったりする風習です。

その風習は、もともとはお返しを求めない風習でしたが、年の流れの中で御礼の方式も変わってきている昨今では、臨機応変の対応を要求っされてきます。

贈る前にメールや電話で『ありがとうの気持ち』を先に伝えてから、お歳暮を贈ってもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク