冬の睡眠には電気毛布を使えば、快眠ができるものですよね。ただ、ずっと使っているとどんなものにも言えることですが、シミや汚れも付着してきます。

その場合、どのようにして洗えばいいかあなたはご存知ですか?洗濯機にかけるべきなのか、どうすべきなのか、電気毛布に電熱線が入っているので、慎重に扱いたいものですし、その扱いに悩みますよね。

そんな悩みを解消するために、電気毛布の洗い方について、まとめました。この記事を読んでいただくと、安心して電気毛布を洗うことができます。是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

電気毛布を手洗いで洗うための準備物

まず、電気毛布を水洗いできるものかどうか、洗濯表示で確認しましょう。

なぜなら、中には水洗いできない素材の電気毛布もあるためです。水洗いできる電気毛布であることが確認できましたら、次に挙げるものを準備しておきましょう。

ぬるま湯

ぬるま湯

電気毛布を手洗いするのにはたらいでも結構ですが、洗い物としては大きめですのでできれば浴槽を使いましょう。

下準備として、浴槽にぬるま湯を少し入れておく必要があります。冷水や高温のお湯ですと電気毛布の生地が傷む可能性がありますので、30度くらいのぬるま湯であることが重要です。

中性洗剤

中性洗剤

ぬるま湯に中性洗剤を入れて、電気毛布をもみ洗いします。

ただし、素材によってはアクリルなどのものがありますので、素材に合った洗剤を使用しましょう。

柔軟剤

柔軟剤

洗った電気毛布が乾いた後に、肌触りのよさを再現するには柔軟剤も必要です。静電気の防止の効果もあります。洗剤で洗った後に浸透させます。

柔軟剤を使用するのに抵抗のある方には、クエン酸水で代用できます。


スポンサーリンク

電気毛布を手洗いで上手に洗う方法

電気毛布を手洗いで洗う手順について、下記のとおり紹介します。

下準備

まず、洗濯をする前に下準備が必要です。下準備とは、浴槽にぬるま湯を少し入れておき、中性洗剤も混ぜておくという方法です。

ぬるま湯の量は、電気毛布が浸かる程度で十分です。

電気毛布を畳み、浴槽に入れる

電気毛布を畳み、浴槽に入れる

出典元:Lidea

電気毛布を、まず長い方の辺同士を重ねるようにして2つ折りにします。その2つ折りの状態のままで、さらに長い方の辺同士を重ねるようにして2つ折りにします。

すると、4つ折りの状態になるはずです。その4つ折りの状態にした電気毛布を浴槽に張ったぬるま湯に入れます。

もみ洗い

もみ洗い

出典元:フジヤマシャツ

電気毛布を浴槽に入れたら、手でもみながら洗います。足で踏んで洗っても構いません。この際、押し洗いをするということが重要なポイントです。電気毛布の汚れが落ちたら、ぬるま湯を排出してください。

かなり汚れがある場合は、あらかじめ30分ほど付け置きしておくと効果的です。なお、手でもみ洗いする場合は手が荒れてきますので、必ずゴム手袋を着用するようにしてください。

シャワーで洗い流す

シャワーで洗い流す

電気毛布を浴槽のふちにかけて、洗剤の成分を残さないようにシャワーで洗い流してください。この際、電気毛布には洗剤と水の混合液が十分に含まれている状態ですので、重くなっていることに注意が必要です。

また、電気毛布の電熱線の接続部分に洗剤の成分が付着していると、故障の原因になりますので、完全に洗い流すようにしてください。

柔軟剤を注入

再度ぬるま湯を浴槽に入れ、柔軟剤を注入して溶かしてください。

もみ入れ

(3)のもみ洗いと同様に、手でもみながら、浸透させてください。

水切り

柔軟剤を電気毛布に浸透させたら、浴槽の中で電気毛布を押すようにして、水を排出させてください。水が出てこなくなったら、浴槽のふちにかけて電気毛布を押すようにして水を切ってください。

この際にねじり絞らないように注意してください。ねじり絞ると、電気毛布の中の電熱線が断線してしまう危険性があります。

乾燥

乾燥

電気毛布の水を十分に切ったら、風通しのよい日陰に干してください。竿を使用してM字干しにしたり、干している途中で干す方向を変えたり、裏返しにしたりすると乾くのが早くなります。

天気のいい日に干すのが望ましいですが、直射日光に当てないようにしてください。

電気毛布を洗濯機で洗うための準備物

まず、電気毛布が洗濯機で洗えるものかどうか、電気毛布に付いているタグなどに記載されている洗濯表示で確認してください。

中には洗濯機で洗えない電気毛布もあり、また洗濯機もドラム式のものでは洗濯不可のようです。

その場合は洗濯機を使用せずに、手洗いの方法で洗濯してください。では、電気毛布を洗濯機で洗う場合に必要なものを下記のとおり紹介します。

洗濯ネット

洗濯ネット

電気毛布を洗濯ネットに入れることで、電気毛布の電熱線の接続部分の飛び出したりするのを防止することができます。

中性洗剤

中性洗剤を洗濯槽の中で電気毛布に注入します。

柔軟剤

中性洗剤と一緒に、洗濯槽の中で電気毛布に注入します。

電気毛布を洗濯機で上手に洗う方法

電気毛布を洗濯機で洗う手順について、下記のとおり紹介します。

電気毛布を畳み、洗濯ネットに入れる

電気毛布を畳み、洗濯ネットに入れる

電気毛布を洗濯槽の深さに合わせて畳み、グルグルに巻きます。この際に、電気毛布の電熱線の接続部分を電気毛布の中に入れておくようにしましょう。そうすることにより、洗濯中のトラブルを防止できます。

電気毛布をグルグルに丸めたら洗濯ネットに入れた上で、洗濯槽に入れてください。なお、電気毛布を洗う際には他の洗濯物を入れないでください。

中性洗剤と柔軟剤を入れ、洗濯

中性洗剤と柔軟剤を入れ、洗濯

電気毛布を洗濯槽に入れたら、中性洗剤と柔軟剤を入れてください。その後に、洗濯機で「毛布コース」を選びます。

「毛布コース」がなければ、洗濯表示で確認しながら「ドライ」や「ソフトコース」などを選んでください。そして、洗濯のスイッチを入れて、洗濯をかけます。

脱水

脱水

洗濯が完了したら、30秒~1分の範囲で脱水してください。

乾燥

乾燥

手洗いの場合と同様に、陰干しにしてください。なお、自宅の乾燥機やコインランドリーの乾燥機にかける場合は、必ず電気毛布のタグなどで乾燥機対応のものかどうかを確認してください。

乾燥機に対応していない素材の電気毛布を乾燥機にかけますと、乾燥機や電気毛布の故障の原因になるので、注意が必要です。

接続部分はどうしたらいいのか?

接続部分

接続部分は防水構造になっていますので、水が触れても大丈夫です。そのため、電気毛布の洗濯が可能なのです。

ただし、洗う際には接続部分に傷がついたりしないように配慮が必要です。また、洗った後には洗剤などの成分が付着しないように、水でよく洗い落としてタオルでよく拭いてから乾燥させましょう。

まとめ

ここまで、電気毛布の洗い方について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

電気毛布も長い間使っていると汚れやダニなどが溜まってくるものです。そんなときに洗濯機にかけるべきなのか判断に悩むところですが、電気毛布のタグなどを見て確認すれば判断できます。

電気毛布には電熱線が配線されていて、接続部分が毛布から露わになっている点で慎重に扱うことが必要です。手洗いの場合はねじり絞ったりせずに必ず押し洗うようにし、洗濯機を使用する場合には、接続部分を毛布の内側に入れて洗濯ネットに入れて洗濯することで、電気毛布の故障のリスクを回避することができます。

それらの点について、電気毛布を洗う際にご理解いただければ幸いです。これからは電気毛布の洗い方に迷わず、安心して洗濯できますね。電気毛布を清潔にしておけば、快適に熟睡することができます。是非、積極的に電気毛布を洗濯しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク