誕生日会・クリスマスパーティーなどでプレゼントを何にしようか迷って悶々として、あっという間に時間が流れてしまっていつの間にか夕方になっていた。
なんていうことが何度となくあるかもしれません。

この記事では、10代の女友達がプレゼントされて喜ぶであろうものをピックアップしてみました。
参考として、500円から2000円の間でのプレゼント内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

バイトすることができない中学生は、両親からの小遣いの金額に制約されてしまいますが、高校生になるとバイトすることが可能になり、自分で使える金額も増えてきます。

中学生の頃とは比にならないほどの金額を使えることで、思わず無駄遣いをしてしまって苦労したということも聞きます。

プレゼントするものも高すぎるものだった場合には『お返しをどうしよう・・・』など、相手を余計に混乱させてしまうこともあります。そんなところも踏まえてリストアップしてみましょう。

まずは、500円~1000円のプレゼントを9選ほど上げてみましょう。

500円からといってもそこそこのブランドのものが購入可能です。
最近では、『えっ。この価格帯でこんなものが』というものも出てきています。

500円~1000円で買えるプレゼント


スポンサーリンク

香水

香水

flickr photo by Alex Tobias

香水は、相手の好き嫌いに直結するもので好みが分かれます。

カップル同士であれば同じ香水をつけるという提案もあり、自分好みの匂いの香水をプレゼントするのもいいと思います。

有名ブランドのミニボトルであれば1000円以下で買えることが多いので、喜ばれることが多いかもしれません。

タオル・ハンカチ

towel

flickr photo by Serhio Magpie

これも、日常使いで重宝すること間違いなしです。
特に部活や体育の授業等で吸水性の高いタオルや、ハンディータイプなどのタオルやハンカチを贈るといいでしょう。

価格も高くても1000円を少し超えるくらいの価格があります。

靴下

socks

flickr photo by star athena

日常使いとは異なるちょっとしたオシャレな靴下もプレゼントとしては喜ばれます。

ブランド物の靴下でも1000円以下でも結構デザインのいいものが購入可能です。

保湿アイテム

保湿

flickr photo by WindyWinters

オシャレに目覚め始めるこの年代は、やっぱり身だしなみとしてのオシャレが流行りだします。

昨今の美容系男子の影響からか、女性に負けず劣らずのメイクテクニックを持っていたりもします。

ブランド物でも結構な安価の部類である1000円以下での購入が可能です。

ブレスレット

bracelet

flickr photo by Alicebyday

ワンポイントアクセサリーとして重宝されるブレスレットは年代を超えて喜ばれます。

数年前はミサンガが流行ったりビーズのブレスレットが流行ったりと、通年を通して人気があります。

価格帯も1000円をちょっとだけ越えるものから、800円前後と比較的安価での購入が可能となります。

書籍アイテム

ブックカバー

flickr photo by sayo ts

本を読む人であれば、ブックカバーや革仕様のカバー、アンティーク調の羽の形をしたブックマークなど、洒落が効いたプレゼントを贈れそうです。

価格帯も1000円を越えないくらいでの用意することが可能です。

ブランド系文具

Ballpoint pen

flickr photo by Toshiyuki IMAI

学校や私生活で使う頻度がビジネスマンや営業職に次いで高いこの年代は、学校での使用した時の周りからの注目されたり見栄を張れること間違いなしです。

一時期話題になった消せるボールペンなどもいいと思います。
よほどブランドにこだわなければ、1000円もかからずにプレゼントとして買うことができます。

タンブラー

Tumbler

flickr photo by Smabs Sputzer

水筒を持ち歩くのは小学校まで?
今は水筒もいいですが、ちょっとしたオシャレとしてタンブラーを持ち歩くのもいいかもしれません。

手軽に壁紙が変えられるものであれば、好きなアニメなどの壁紙などにしておけばいいと思います。価格も1000円以下で購入が可能なのでプレゼントしても喜ばれます。

マネークリップ

Money clip

flickr photo by BTC Trinkets .com

意外に需要が高くなってきているマネークリップ。
できる男の象徴でもあるマネークリップは、少額でも使うだけで何か『できるやつ』みたいなオーラを出すことができます。

価格帯もこだわりがなければ1000円以下でも十分なものがあるので、プチオシャレのハシリとしてプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

1000円~2000円で買えるプレゼント

ここまでは、『1000円まで』という上限を設けてみてきましたが、ここからは上限を2000円まで引き上げてみましょう。

より多くのものが選べるようになり、そして1000円まででは買えなかったプチ豪華なものが買えるようになります。

上限が上がった分、より選定の幅が広くなったので、ここでは10個に絞ってピックアップしていきましょう。

ヘッドフォン

Headphones

flickr photo by Frank Weber

小さく折りたためてもち運びにも便利な、音楽を聴いていなくてもいいただ襟元にあるだけでもオシャレにみえてしまうデザインのいいものもあります。

価格帯はやはり1000円を少し越えるくらいの価格となり、ちょっとだけリッチな価格となっています。

タオル

towel2

flickr photo by DLG Images

日々、部活に打ち込むひとにはゲン担ぎが大切です。

優勝がかかった大事な大会などはゲンを担ぎたくなるものです。

その時には、普段使っているタオルではなく大会専用のブランド物をプレゼントしてあげるというのもいいでしょう。
価格帯も2000円でおつりがくる程度のものが大体の主流となっています。

ワックス

ギャツビー

出典:https://prtimes.jp/

身だしなみの基本といっても過言ではないほどのプレゼントの定番のアイテムのひとつです。

ビシッと決まった髪型やスタイルが気になってキリがない年頃の10代は、マストアイテムのひとつでしょう。

価格も2000円からおつりがくるくらいの金額となっています。

ハンカチ

handkerchief

flickr photo by lisaclarke

身だしなみとしても必需品なハンカチは、素材の質によっての吸水性能が異なり、場面によって使い分けていくスタイルで長く愛用してもらえそうです。価格帯は、2枚で2000円台とちょうど良くなっています。

駄菓子詰め合わせセット

駄菓子

flickr photo by Nori Norisa

あげてうれしいプレゼント。
むしろ欲しいくらいの詰め合わせセット。

一つの袋に複数のお菓子が一口サイズで入っていることからお得感がダントツなプレゼント。
パーティーにはもちろん、個人的にプレゼントしても喜ばれること間違いなしです。

価格も地域により若干の差はあるものの、大体2000円で買うことが可能です。

ユニーク文房具

ユニーク文具

出典:http://hasami.resipi.jp/

ひと昔前には、取り出しやすいように可動したり鉛筆削り器が内蔵されていたりと、20代後半から30代前半の人には『あぁ。あったあった。』といわれること間違いなしのユニーク文房具のハシリで大流行したものがありました。

現在は、ちょっとオシャレとなり6Pチーズの形をした消しゴムや、キーボードのデザインをしたステーショナリーセット(ホチキス・キーボードブラシ・パンチ・クリップホルダー)で一目置かれる存在感を出しています。

価格も1000円代後半からとちょっと高めとなっています。

シンプルデザインのファッション小物

キーフォルダー

flickr photo by [puamelia]

度々あげましたオシャレに気を配ってるのであれば、シンプルで機能性の高いキーフォルダーなどをプレゼントすると喜ばれます。

価格帯としては、材質によるものが多くてかかっても2000円からの購入が可能です。

USBメモリー

USB memory

flickr photo by Debs (ò‿ó)♪

大学生になると、授業のレポート印刷するためにUSBを頻繁に使います。

価格帯もピンからキリまであり、安ければ安いものもあります。
容量を求めると結構な価格となりますが、こだわらなければ比較的安価になります。

Amazonギフト券

Print

出典:https://www.prizerebel.com/

これといって、プレゼントするものにピンと来ない場合は手堅くこれ。
意外と使い方がわからなかったりするのですが、まぁ割愛ということで、(カードの裏に書いていたりします。)

プレゼントした相手もギフト券の金額に応じて購入することが可能です。
ローソン・セブンイレブン・ファミリーマーケット・サンクスといった場所で、2000円のギフト券を購入できます。

靴下

ソックス

flickr photo by Lisa Risager

何足あっても足りない靴下。緩んできたら別の使い方もできる靴下です。
ブランド物の靴下であれば、よそ行き用にと用途を決めて使っていくことが可能です。

価格帯もこだわらなければ、2000円以内には収められます。

まとめ

ここまで、年代と金額に分けピックアップしてきましたが、意外とプレゼントするときというのはいろんなことを考えます。

相手のことやプレゼントが似合うのかどうかなど、考えることがいっぱいあります。
『気持ち』も一緒にプレゼントすることができたら、面白いのですがね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク