お正月などによく飾る鏡餅。ただそのまま置いてしまっていいのでしょうか?それとも、オシャレな飾り方はあるのでしょうか?そして、鏡餅自体にはどんな意味や由来があるのでしょうか?

この記事では、鏡餅の意味と由来そして基本的な飾り方とちょっとしたおしゃれな飾り方を取り上げていきます。日本古来の文化の鏡餅を飾る意味や由来について見ていきましょう。

スポンサーリンク

鏡餅の意味

鏡餅の意味

お正月を迎えるための飾りという意味合いの強い鏡餅ですが、本来はお正月を迎えるためのものではなく、お正月をつかさどる神様。『歳神様』を迎えるための供え物として、鏡餅があります。

丸い形にも意味があり、丸い形状は家庭円満を2つ重ねるのは『かさね』の言葉を繰り返し『かさねがさね』という意味を表し、二つを合わせると『円満に年を重ねる』という意味あいが鏡餅にはあります。

では、今度は由来についてみてみましょう。

鏡餅の由来

鏡餅の由来

お餅には、古来より神様に備える食物のひとつで、弥生時代などの古来のお供え物としては今のような小さなものではなく、大きな平たいお餅をお供えしていたという風習が日本には定着しています。

どうしてそのような風習が生まれたのでしょうか?それは、よく子供の頃に両親からもらっていたものに由来します。そうです。『お年玉』です。

お年玉は本来『お年魂』と書き、『一年を力強く生きていくための力を授かる源』として歳神様よりもらっていました。その名残が、子供たちがポチ袋に入れて小遣いの正月版『お年玉』になりました。

それでは、基本的な飾り方に移りましょう。

鏡餅の基本的な飾り方

鏡餅の基本的な飾り方

時代の移り変わりで、少しづつ変わってきている鏡餅の飾り方。飾り方にも基本がありその基本を踏まえていることで、ちょっとしたアレンジもできるようになります。

まずは、基本的に飾るポイントを取り上げていきましょう。

基本のポイントは4つあります。

  1. 白木の三宝(3方)に半紙を三宝から垂れるように敷く。
  2. 裏白の葉の白いほうを上に向けて載せます。
  3. その上にお餅(2段重ね)を載せます。
  4. そして、山の幸でもあるミカンを乗せます。

これが基本的かポイントとなります。

餅をのせる台自体の名前が三宝と呼び、お持ちの下に敷き赤い縁取りしてあるものが四方紅と呼ばれ、葉っぱ裏白で紅白で短冊上になっているのが、御幣でお持ちのてっぺんにはミカンでもいいですが正式名は橙(だいだい)。橙の後ろに飾るのが扇となります。

それでは、基本を活かしてオシャレな飾り方に行きましょう。

鏡餅のちょっとおしゃれな飾り方

いざ、オシャレに飾るといっても、鏡餅の体を成さなければ意味はありません。基本をある程度残しつつ、どのようにアレンジするのかを見ていきましょう。

ここでは、4つのコツを取り上げていきます。そのコツを元にオリジナルのアレンジを加えていきましょう。

市販のタッセルを使う

水引とタッセルを使い、水引をねじって丸めて交点をワイヤーなどで留めて鏡餅の前に取り付けましょう。

タッセルにプラスα

タッセルの色に合わせて、鏡餅の下にちりめんや折り紙を置いてもいいでしょう。

あえて紅白の格子状に組んだ折り紙でも雰囲気は出ます。

三宝の下にさらに紙を敷く

通常であれば、三宝の下には何も敷きませんが、めでたいようすを表現するために、赤い布や紙を入れることで普段の鏡餅の飾り方とは異なり、アクセントになります。

三宝や飾り台がなければ、オシャレなお盆・トレー・お皿を使う

和モダンな飾り皿やお盆を使って飾ることもできるので、より雰囲気も出せます。

このように、色々なオシャレな飾り方があります。そのため、あなたなりのアレンジの方法を見つけてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク