正月の象徴ともいえる門松は、松飾・飾り松・立て松といろいろな呼ばれ方がありますが、由来や意味合いは何かあるのでしょうか?

単純に新年を迎えたら置くものというイメージもある門松は、飾る形式やきれいに飾る方法もあるのでしょうか?

ここでは、意味や由来、飾り方のポイントなどを述べていきたいと思います。単純に新年を迎えたことを知らせるために門松を置くだけではない、深い理由がありました。

スポンサーリンク

門松の意味・由来とは?

門松の意味・由来とは?

意味合いは、良い年を迎えるために豊作・家内安全をつかさどる年神様を迎えるものとしての意味合いとなります。そのほか、歳神様が門松を目印にして訪れることから、おめでたい飾りとされています。

意味や由来に関しては、鏡餅を飾ることとも関連性があり、鏡餅が年神様の依り代で門松は年神様を迎えるための門の飾りといったところです。

松を使う理由もあり、『祀る』につながる樹木であることや、古来から繁栄・不老長寿などの象徴とされてきたこともあり、門松に松を使う理由もここにあると思われています。


スポンサーリンク

門松を玄関で綺麗に見せる飾り方のポイントは?

門松を玄関で綺麗に見せる飾り方のポイントは?

立松などとも呼ばれる門松は、確認しないで置くと門松の意味合いが亡くなってしまうので注意しましょう。まずは正式な飾り方についてみてみましょう。

左右を間違えないようにする。

実は、門松には左右があり設置するときに間違えてしまうと、歳神様が混乱してしまいます。門に対して左側の門松の特徴が、黒松が使われている方(樹皮が黒い松で太くて長い)で雄松と呼ばれます。

一方、右手側には赤松(樹皮が赤い松で葉が短く細い)で雌松と呼ばれます。

2番目に長い竹が外側に向くように設置する

この方法は、区別が付けられない場合に取る方法で、2番目に長いほうを外側に向くように置くことが正式な門松の飾り方となっています。

飾り方の基本ですら、こんな決まりごとがあります。そして、地域ごとに門松の形状も変わってきます。基本は松竹梅の縁起物の意味合いも含んでいますが、現在の『上中下』としてとらえるのではなく、本来の優劣はないのです。

大まかに説明すると、一年中緑色で神様が宿るとされている『松』大きな成長力で生命の象徴でもある『竹』新春に咲き、一年の始まりを意味する『梅』に分かれています。

関東と関西でも飾り方が異なったり、片づける時期も異なったりと地域によって違うので注意しましょう。

伝統文化と綺麗に飾るポイント

伝統文化と綺麗に飾るポイント

門松と鏡餅のどちらも正月の象徴ともいえるものですが、ただ置くだけでは左右間違っていたり適切な意味合いを果たせなかったりします。

正しく飾りつけをしたうえで、歳神様をお迎えしましょう。

平安時代には、『門松』という名ではなく『小松引き』という名前で、現在のような飾るタイプではなくお祭りとして小松引きを行っていました。

祭りといっても今のような祭りではなく、和歌を詠んだりといった貴族の間での遊びでした。のちに松自体を飾り付けるようになって現代につながっていきます。

平安時代の後期に始まった門松を飾る風習は、鎌倉時代の『徒然草』、室町時代の一級宗純と数々の有名著者に語り継がれて江戸時代に入り江戸城からの通達により、風習が一般的になりました。

また、この通達が行き届かなかった関西地方は門松をしまう時期が関東と若干ずれているのは、このことが要因とされています。生命力・不良長寿・繁栄の象徴とされてきた松の木を旧暦の子の日に、長寿を願う貴族たちの間で始まりました。

そんな、平安時代に始まった伝統文化は時代を経て現代の門松になりました。正しく飾りつけを行ってお迎えしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク