正月の象徴の門松は、正月を過ぎてしまうとどう処分すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?1年の締めとして門松を飾りますが、そのまま来年も同じのを使ってしまうというのは、やっぱりいかがなものでしょう。

であれば、適切な処分方法を見つけておくだけでも、今年の門松の処分方法に迷わずに済みます。下手にゴミ回収に出しては地域によっては迷惑をかけてしまいます。

スポンサーリンク

ここでは、飾る時期・神社に依頼して処分する・自分で処理する方法に分けて、その方法を見ていきましょう。そして、どの方法がいいのか、自分に合った方法を見つけていきましょう。

門松はいつからいつまで飾るの?

門松はいつからいつまで飾るの?

飾る時期は、実のところ地域によって異なります。主に異なる点としては、撤去する時期が関東と関西では異なってきます。

住んでいる地域によって、微妙に違うことがあるので注意しましょう。

関東

12月8日~1月7日 主に、松の内が飾る時期に相当します。

関西

12月13日~1月15日 関東とのずれの理由は、もともと松の内が1月15日までだったということや、どんど焼き(どんど祭りなど)が小正月に行われることが多いためなど、諸説あります。

関東と関西では絶妙に飾る時期が異なったり、地域によって『関東タイプ』を採用していたり、『関西タイプ』を採用していたりと地域によっても異なりますので、注意が必要です。


スポンサーリンク

門松を神社で処分する方法

門松を神社で処分する方法

この方法も、関東と関西では微妙に異なったりします。それは、どんど焼きを行う風習があればまとめて焼くことができますが、その風習がなければ、神社でお清めということで炊き上げをしてくれるところがあります。

では、それまでにどうやって保存しておくのか?

それは、紙にくるんだりして一般のものとは異なる保存方法を取りましょう。門松は神様に関連するものなので、俗世(汚れ)のない状態で保存しましょう。

門松を自分で処分する方法

門松を自分で処分する方法

近くの神社やお寺などで処分してもらえない場合には、どうしたらいいでしょうか?それは『自分で処理』するしかありません。その方法をこれから述べます。

実は、『一般のゴミ』として出しても問題はありません。ただし・・・

  • 細かくする
  • 塩で清める
  • 丁寧に新聞紙に包む
  • ゴミに出す

といった工程が必要になってきます。手間もかかりますが、細かくする段階で疲れてしまう可能性もありますが、ただお寺や神社の手間をかける必要はなくなってきます。

ただ、ゴミに出す際に、燃えるゴミに出す場合や大型ごみ(粗大ごみ)に分類される場合があるので、地域に配布されている分類項目が記載されているものの、確認が必要になります。

年末年始の日本の伝統文化

年末年始の日本の伝統文化

そして、最後に導入部でも述べた、『繰り越しで使ってもいいのか?』についてです。

伝統文化でもある門松は、縁起物で『降りてきた神様をちゃんと天に返す』という意味合いもあるために、本来。繰り越しで使うということはしないものですが、実際。再利用する家庭も少なくないのも事実です。

昨今の環境問題や縁起などを考えた上での、個々の判断の上に行いましょう。

ここまで、色々と述べてきましたが、飾る時期から処分方法まで地域によってピンからキリまであります。そのため、地域の人に相談したり、地域の大人に聞くというのもひとつの方法かもしれません。

正しい飾り方や処分方法を学び、年末を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク