ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れは洗濯機にかけてもなかなか上手く落とせず悩むものですよね。

漂白剤をつけると染料まで落ちてしまうこともあるため漂白剤との相性のことも頭に入れておかなければならず、ワイシャツ・カッターシャツ黄ばみや汚れの取り扱いに厄介なものですね。

スポンサーリンク

そこで、この記事ではワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れを簡単に落とす方法について紹介します。読んでご理解いただきますとワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れに悩まなくなりますよ。

是非参考にご覧ください!

なぜワイシャツ・カッターシャツは黄ばみが付くのか?

ワイシャツ・カッターシャツに付着する黄ばみの要因は次の3つのものが考えられます。

(1)皮脂の汚れ

ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみの一番の要因は皮脂の汚れです。

人は一日活動していると皮脂の汚れが生じ、衣類のあらゆる箇所に付着してくるものです。その皮脂の汚れが空気に触れて酸化して黄色くなります。

 皮脂の汚れ

特に首回りには皮脂の汚れが溜まりやすくワイシャツ・カッターシャツの襟の部分に黄ばみが付きやすくなります。

その他には手首に皮脂の汚れが溜まって袖口に黄ばみが付着します。

また、洗濯したにもかかわらずしばらく日数が経過して黄ばみの生じる場合があります。それは長期的にタンスなどに保管しているときです。洗濯で除去できなかった皮脂の部分がワイシャツ・カッターシャツに残存し、それが日ごとに酸化していくことにより生じることがあります。

(2)汗の色素

ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみの要因には汗の色素も考えられます。

皮膚内のアポクリン汗腺から流れ出る汗にはポフスチンという色素成分が含まれています。

ポフスチンが皮膚から汗と一緒に排出され、ワイシャツ・カッターシャツの脇の部分に黄ばみが付着することがあります。

(3)洗剤や漂白剤の成分

洗濯の際にすすぎ切れなかった洗剤や漂白剤の成分がワイシャツ・カッターシャツの黄ばみになる場合もあります。

ただし、天日干しや乾燥機などで乾燥させただけでは黄ばみになるわけではありません。

黄ばみになるのは主にアイロンをかけたときです。

アイロン

洗剤や漂白剤に含まれるアルカリ性の成分がアイロンなどの高温の熱により変色しやすいため、黄色くなって黄ばみになることがあります。

ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみ・汚れの簡単な3つの落とし方

ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れを簡単に落とす方法について、食器用洗剤や漂白剤で落とす方法が挙げられます。

具体的な方法を下記に紹介しますが、その前に漂白剤を使用する場合の取り扱いについて理解しておく必要があります。漂白剤には塩素系と酸素系のものがありますが、酸素系のものを使用するのが望ましいです。

塩素系は漂白力が強くワイシャツ・カッターシャツの生地を傷めるリスクがあり、色や柄のあるタイプのものには不向きです。

酸素系にはさらに液体タイプと粉末タイプがあり、部分的に落とすには液体タイプが向いています。

では、食器用洗剤や漂白剤で落とす方法について下記に3つ紹介します。

(1)食器用洗剤で落とす方法

食器用洗剤で落とす方法

まず洗面器などの容器に40度くらいのお湯を入れ、その中に黄ばみのあるワイシャツ・カッターシャツを入れて濡らします。

次に黄ばみの部分に食器用洗剤を塗って手でもみ洗いをします。

その際、使わなくなった歯ブラシで磨くように洗ってもかまいません。その後にお湯の中で洗い流して洗濯機にかけます。

(2)液体タイプの酸素系漂白剤で落とす方法

液体タイプの酸素系漂白剤で落とす方法

ワイシャツ・カッターシャツの黄ばみに液体タイプの酸素系漂白剤を塗り込み、アイロンのスチームで熱を加えて汚れが落ちましたら洗濯機で洗濯します。

アイロンを使う際にはアイロン面を使用せずにスチームのみを加えます。

汚れの落ち具合により適宜漂白剤とスチームを加えます。

(3)粉末タイプの酸素系漂白剤で落とす方法

粉末タイプの酸素系漂白剤で落とす方法

粉末タイプの酸素系漂白剤は全体的な汚れを落とす方法に向いています。

手順は次のとおりです。

まず洗面器などの容器に40度くらいのお湯と酸素系漂白剤を入れます。次に黄ばみのあるワイシャツ・カッターシャツをその中に入れて一時間程度つけ置きします。

その後、洗濯機にかけます。

黄ばみや汚れが付かないようにするには?

ワイシャツ・カッターシャツに黄ばみや汚れを付着させないための予防策には次の2つの方法がオススメです。

(1)ベビーパウダー

ベビーパウダー

黄ばみの付着しやすい箇所にベビーパウダーを塗っておくと黄ばみや汚れが付きにくくなります。

ベビーパウダーは皮脂や汗を吸収する効果があるため、赤ちゃんのあせも予防に使われる用途で販売されていますが、大人のシャツにも使用できます。

(2)スティックのり

スティックのり

黄ばみの付着しやすい箇所にスティックのりを塗っておくことでも黄ばみや汚れの予防になります。

乾燥に時間を要しますが、シャツを使用する日の前日に塗っておけば翌日には乾いているものです。

なお、この方法はアイロン用ののりでも代用できます。

まとめ

ここまでワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れの落とし方について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

黄ばみの原因は皮脂の汚れの酸化や汗の成分、残存した洗剤・漂白剤の成分にあることについてご理解いただけたことでしょう。

原因が判明すれば、その対処もしやすくなります。

その対処法には食器用洗剤や酸素系漂白剤に40度のお湯を使用するなどの方法で簡単に落とせるという方法があり、その方法について上記に紹介しました。予防にはスーパーやドラッグストアなどに売られているベビーパウダーやスティックのりが有効です。

今後はワイシャツ・カッターシャツの黄ばみや汚れを上記の方法で楽に洗い落としてしまいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク