あなたの通勤時間はどのくらいですか?長くて辛いと感じていませんか?

通勤に長い時間をかけて出勤される方が多く、東京都では一時間以上かけて通勤する方がほとんどであり、通勤だけで多くのストレスを抱えてしまっている方も少なくありません。

中には「死ぬほど辛い」と深刻に悩んでいる方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

経済学者ブルーノ・フライ博士によりますと「長時間の通勤がもたらすストレスの高さは、年収が40%アップしないと割に合わないほど」と言われています。

この言葉からも長時間の通勤によるストレスは相当なものと言えそうですね。

そこで、この記事では、通勤時間の長いメリットとデメリットを取り上げながらその対処法を紹介していきます。

長い通勤時間に悩んでいる方は、この記事を読んでいただければ解決できる方法が見つかるかもしれません。

是非参考にご覧ください!

通勤時間が長い事に対するメリット

通勤時間が長い事に対するメリット

通勤時間が長いことに対するメリットを下記に紹介します。

(1)音楽が聴けるというメリット

日ごろ音楽を聴く時間をなかなか確保できない方には長い通勤時間を活用して音楽が聴けるメリットがあります。聴く音楽は普段お気に入りのものでもいいですが、長い通勤時間で聴くのにオススメなのがクラシック音楽です。

クラシック音楽は演奏時間の長いものが多く、普段聴かない人はプライベートの時間を使ってまで聴く気がなかなか起きないものです。だからこそ長い通勤時間で聴くには有効な音楽と言えます。

(2)本やマンガが読めるというメリット

通勤時間を活用して本やマンガを読むことができるというメリットがあります。

毎日続ければ人に勧められるくらいの分量を読むことができ、会社などの人間関係でのコミュニケーションをとる場面で役に立つこともあります。

(3)勉強できるというメリット

資格やスキルアップのための勉強時間を少しでも多く確保しておきたいという方には、長い通勤時間を活用できるというメリットがあります。

通勤時間が長い事に対するデメリット

通勤時間が長い事に対するデメリット

通勤時間が長いことによるデメリットを下記に紹介します。

(1)プライベートの時間が短くなる

通勤に長い時間をかけるとそれだけプライベートに費やす時間が少なくなってきます。

(2)睡眠時間が短くなる

(1)と同様に睡眠時間も短くなり心身ともに翌日以降の生活に支障をきたす恐れがあります。

(3)疲労が溜まる

通勤に長い時間を費やしているだけで足腰などに疲労になります。

その状態で仕事を進めていくと疲労の溜まりやすい身体となります。

(4)終電を逃すリスク

通勤時間の長い方が残業で退勤時間が遅くなると終電に間に合わなくなる場合があります。その際にはタクシーで帰宅するか、会社または近くのビジネスホテルなどで宿泊するかのいずれかの手段をとることになります。

夜遅めのタクシー代は高めですし、宿泊費も都心部の快適なホテル代は5,000円以上かかりますし、若手の社員にとって残業代の大半がそのような費用に消えてしまうのは大きな痛手です。

サービス残業で終電を逃した場合は尚更で何のための残業か理解できなくなります。この悩みは仕事へのモチベーションにも影響します。

(5)遅刻しやすい

通勤時間が長いとそれだけ遅刻する可能性も高くなります。

夏や秋には大雨や台風、冬には雪や凍結などが生じて電車の遅延が生じやすいです。電車の中で足止めになる場合も多く、そのストレスは相当に大きくなります。

遅刻した分仕事が遅くなりトラブルになる可能性も高まります。

遅刻して出勤すると交通機関の影響であるにもかかわらず、精神的に「遅れて申し訳ない」という罪悪感に近いものを抱える方もいらっしゃいます。

(6)人間関係の構築にも悪影響

通勤時間が長いと仕事後に飲食の誘いを受けたとしても帰りの時間を気にしなければならず、ゆっくり付き合うことが難しいです。

そのため、人間関係の構築に影響を及ぼす点でデメリットになります。

なぜ通勤時間が長いとストレスを抱えるのか?

通勤時間が長いことによってストレスを抱える人が少なくありません。

カナダの大学の研究チームの調査によると、通勤20分以上で慢性ストレスになると言われています。

ストレスを抱える原因については下記のものが考えられます。

(1)長時間狭い空間に居続けること

長時間狭い空間に居続けること

狭い空間に長時間居続けるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されるようになります。通勤に電車やバスなどの交通機関や自動車を利用される方が多く、いずれの通勤手段も狭い空間に居続ける状態です。

特に交通機関は利用する車両や通勤時間帯によって車両内の混雑している場合があり、その分ストレスホルモンが増加し相当のストレスを抱えることになります。

(2)睡眠時間の短さ

睡眠時間の短さ

適度な睡眠時間をとっていればストレスが生じませんが、その時間が短くなればなるほどストレスを多く抱えることになります。

睡眠をとることによって精神を休ませて一日のストレスを解消できるものですが、通勤時間を長く確保する分睡眠時間を削ることになります。

睡眠時間を削る分解消しきれていないストレスが心身に残存したまま次の日を迎えることになります。

(3)ストレスの発散時間の短さ

プライベートの時間を十分に確保できれば、その時間を活用して好きなことをしてストレスを発散することができますが、確保できる時間が短いとストレスの発散時間が短くなりストレスが溜まりやすくなります。

通勤時間も仕事のために拘束される時間の一部に含まれます。そのため通勤時間が長ければ長いほど拘束される時間も長くなります。

例えば、労働時間9時間で通勤時間3時間の場合は仕事のために拘束される時間が12時間になります。つまり、1日の半分を仕事のための時間に費やすことになります。

残業時間が増えれば、さらにプライベートに費やす時間や睡眠時間が削られることになります。このことによりストレスの発散時間が短くなり相当のストレスを抱えることになるのです。

通勤時間が長くて死ぬほど辛い時の5つの対処法

通勤時間が長いことに対して「死ぬほど辛い」と思っている方が少なくありません。

最悪の場合、通勤によりうつになる危険性もあります。

では、「死ぬほど辛い」という思いをしないようにするための対処法を5つ紹介します。

(1)好きなことをする

好きなことを通勤時間に行うと気分が紛れてストレスを緩和することができます。

例えば、上記のメリットに挙げたように音楽を聴いたり本やマンガを読んだり勉強をしたりするようなことです。

(2)毎日顔合わせする方と仲間になる

毎日顔合わせする方と仲間になる

同じ会社の方のうち通勤手段の同じ方がいる場合にその方と友達になるという方法も辛さを回避するのに有効です。

通勤時間の間、その方と楽しく会話をしているとストレスを緩和することができます。

同じ会社の方で通勤手段の同じ方がいない場合は、話しかけやすい雰囲気の乗客の方に「いつも混んでて辛いですよね」と話しかけて仲間にするというのも手です。

毎日同じ時間帯の同じ車両に乗って通勤していれば同じ乗客を見かけるものです。その方も似た思いをしている可能性があります。通勤仲間になって仲良くなれば辛い日が楽しみな日になるかもしれません。

話しかけて迷惑そうな感じをされたら他の乗客にあたってみるといいでしょう。

(3)通勤手段を変える

9c655c45e8826bdf50ed4579260634b1_s

通勤手段を変えるという方法も一つあります。

例えば、電車通勤をやめて自動車通勤にするという方法です。

電車通勤では立った姿勢のままが多い方にはその辛さもありますが、自動車通勤は運転席に座る姿勢ですので立ったままの辛いという気分を回避することができます。

また、自動車内の空間はプライベートに近い雰囲気もあるためストレス緩和になります。

(4)引っ越す

引っ越す

上記の方法で解消できないという方には、会社の近くに引っ越すという方法がオススメです。

その方法であれば通勤の悩みが完全になくなります。引っ越しを検討される場合は、まず会社に寮のようなものがないか確認してみるといいでしょう。

寮がなければ、会社の近くに住んでいる同僚より地域の情報を入手して、手頃な物件を探してそこに住むことを検討してみることが望ましいですね。

(5)転職

転職

(4)の引っ越しもできないという事情がある場合は自宅の近くの会社に転職することが望ましいでしょう。

ただし、この方法は仕事の環境を大きく変えてしまうので、最終手段として取り扱うべきと言えます。

まとめ

ここまで長い通勤時間における対処法などについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

長い通勤時間には音楽鑑賞や読書などで隙間時間として活用できるメリットがありますが、睡眠時間やプライベートに費やす時間が短くなり仕事にも影響が生じるというデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較すると、ストレスの生じる要因が自己コントロールできない要素にあることからデメリットの方が大きいと言えます。辛い思いを回避する対処法としては隙間時間として活用する方法や通勤仲間を作るという方法があります。

また、思い切って通勤手段や住所、勤務先を変えてしまうという方法もあります。対処法を試してみる優先順位としては隙間時間の活用、通勤仲間を作る、通勤手段を変えるという順が望ましいです。

それでも解消できなければ引っ越すという方法がいいでしょう。転職はあくまでも最終手段として考えるべきではないでしょうか。

是非、紹介しました記事を参考に通勤時間の悩みを解消しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク