普段、私たちが使っている挨拶。こんにちはという言葉、『こんにちは』と『こんにちわ』の語尾が『は』か『わ』で分かれますが、実際のところ、どちらが正しいのでしょうか?

ここでは、挨拶用語の『こんにちは』に対して『は』と『わ』のどちらが正しいのか?そして、用法はあるのかを取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

『こんにちは』と『こんにちわ』はどちらが正しい?

『こんにちは』と『こんにちわ』はどちらが正しい?

このことに関しては、日本語の成り立ちに戻る必要があります。

『こんにちは』と『は』のほうは、もともと『今日は』と書くために存在しています。

語尾の『は』は助詞のために存在しています。本来、手紙やメールに使う場合は語尾が『は』のほうが正しいことになります。

では、語尾が『わ』のほうはどうして生まれたのでしょうか?

それは、こんにちはと話すときに表記上は『は』ですが話していると『わ』になっています。

そのため、『こんにちわ』と語尾を『わ』文法としては間違っていることになります。発音をそのまま文字に起こした文章となっているので、文法的にはこちらは間違っていることになります。

使い方の違いは?

使い方の違いは?

では、例題をあげて正しい使い方を見てみましょう。

例)高橋さん。こんにちは。

正しいほうはこちらです。
言葉の音程の流れ的にもこちらが正解です。

例)高橋さん。こんにちわ。

そして、こちらが間違っている方です。よく使ってしまいそうになりますが、手紙等で使う場合はこちらを使ってしまうと、間違いということになります。

臨機応変な使い分けでも、勘違いすることが多いです。

まとめ

まとめ

ここまで挨拶を述べてきましたが、意外と言葉の成り立ちに立ち返ることで、どちらが正しいのかがわかってきました。もともと『今日は』という文字で使われていた挨拶ですが、時代の流れとともにひらがなで使われるようになり、このような誤解が生まれてきました。

挨拶は根本ですが、間違って使っていることも多々あったりします。今回のこんにちはもついつい『わ』のほうで使ってしまうことも多いのではないでしょうか。

例えば、注目を浴びたり、イントネーションを強めにしたい時などに『わ』のほうを使ってしまいます。発音する声をそのまま言葉にしてしまう言葉も増えてきているようです。

意味合いが似ているものであれば『至急』と『早急』。どちらも急ぐことには変わりありませんが、早急を調べると至急が出て至急を調べると早急が出たりします。

また『早急』は『そうきゅう』ではなく、『さっきゅう』のほうが正しかったりもします。でも、どちらでも違和感は感じません。どちらも一般的な読み方として認識されるようになれば、『どちらかだけが』正しいということではなく、『どちらも』正しいということになってくる時代が来るでしょう。

また、こんな言葉もあります。『こんばんは』と『こんばんわ』も同じです。『は』のほうが正しいですが、どちらも使いますね。意外に発音をそのまま言葉にしてしまっている言葉が多いです。

ここまで、いろいろな言葉について述べてきましたが、語尾が間違っていると気になる人はいますが、あまり目くじらを立てないのがいいかもしれません。

この記事で取り上げた『こんにちは』と『こんにちわ』のどちらも定着しつつあるのも事実です。どちらもあいさつのひとつであることには間違いありません。

言葉が違うといって目くじらを立てるよりも、どちらも定着し始めているのでどちらも『挨拶』のひとつとして認めてあげてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク