上司との付き合いなどで、あれ?もう終電終わってる・・・といったことを一度は味わったことあるのではないでしょうか?実家暮らしだったり、迎えに来てくれる人がいれば話は別ですが、単身や一人暮らしの場合はそうはいきません。

まして、勤務地からじたくまで徒歩で帰れる距離であれば徒歩で帰るということも、選択肢の一つに入りますがなかなか難しいものがあります。

スポンサーリンク

タクシーを使うにしても、自宅まで距離があるのであれば、タクシー代がと計算するだけでも酔いがさめてしまうものです。

ここでは、『やってしまった~』の定番。終電を逃してしまった時の過ごし方を、判断基準・過ごし方・ホテルチェーンに分けて取り上げていきます。

終電を逃した時に家へ帰るべきかどうかの判断基準

一概に判断基準といっても、人それぞれありますがこのような場合は無理して自宅に変える必要はないかもしれません。

  • 明日、早い時間帯から仕事上の予定が入っている。
  • 帰宅しても、体が休まりそうにない。

このような場合には、無理に自宅に帰ると翌日の仕事に支障をきたしてしまったりするために、『帰宅』をおすすめすることはできません。

判断基準のキーワードになるのは明日の仕事に支障をきたすかきたさないかで判断する必要があります。

終電を逃した時のおすすめの過ごし方7選

ここでは、前の項目で自宅に帰らない選択をした場合の、おすすめできる過ごし方を7つ紹介します。各施設の評価を

  • 費用
  • 快適さ
  • 熟睡度
  • 安全度

の4項目と5つの星の数とコメントで評価していきます。(★の数が多いほうが高評価)

1.マンガ喫茶やネットカフェで仮眠をとる。

マンガ喫茶やネットカフェで仮眠をとる。

ネット環境もあり、大き目の部屋であれば横になることもできるネットカフェは、シャワールームが設置されている場合も多く、ナイトパックなどで入店することで、長時間でも比較的安価で利用することができます。

<費用>
★★★☆☆:ナイトパックなど、深夜利用者向けのパックを使うと長時間安価で使うことができる。
<快適さ>
★★★☆☆:ドリンクバーや食事を頼み軽食を取ることができる。
<熟睡度>
★★★★☆:ヘッドホンなどで周囲の音をシャットアウトすれば、気にせず眠れる。
<安全度>
★★☆☆☆:店員がいるためにある程度安全ではあるが、貴重品は自己管理。

2.カラオケで仮眠をとる。

カラオケで仮眠をとる。

こちらは、同期の複数人での仮眠をとる場合の方法で、平日のみの方法といったほうがいいです。土日祝日はお客の回転数が高く、朝まで部屋を取ることが難しいことが、考えられます。

<費用>
★★☆☆☆:フリータイムなどで2000円前後での利用できる。
<快適さ>
★★★☆☆:個室なので足を伸ばして横になれるのが大。
<熟睡度>
★★★☆☆:足を伸ばせるといっても、ベッドほど大きくないためにそこまで熟睡できない。
<安全度>
★★☆☆☆:女性一人の場合や女性だけのグループの場合には注意が必要。酔っ払いがいる場合も・・・

3.ファーストフード・ファミレス店で始発を待つ。

ファーストフード・ファミレス店で始発を待つ。

この方法は、できればしないに越したことはないですが、食事もできますし雨風もしのげます。ただ『宿泊施設』ではないので、『寝る』ことができません。

そのため、早朝出勤前の短時間の利用をおすすめします。

<費用>
★★★★☆:コーヒー一杯100円から利用できる。
<快適さ>
★☆☆☆☆:横になれなずに、座りっぱなし。
<熟睡度>
★☆☆☆☆:眠ったら起こされます。
<安全度>
★★☆☆☆:店員がいるために安全。

4.サウナ・スーパー銭湯で入浴・仮眠・軽食をとる。

サウナ・スーパー銭湯で入浴・仮眠・軽食をとる。

仕事終わりに近くにあれば、通ってしまいそうですが長時間利用するための利用券を購入してしまえば、快適な環境に早変わりします。

ただ、食堂がある店舗の場合でも深夜営業していない場合が多いので、つまみ程度の売店で軽食を購入することになる。

<費用>
★☆☆☆☆:夜間利用の場合は、日中利用とは異なり深夜料金が適応されて高額になります。(4000円~)
<快適さ>
★★★☆☆:そこは療養施設ということもあり、快適さにはお墨付き。
<熟睡度>
★★★★☆:風呂やサウナで疲れをいやして、仮眠室で足を伸ばして寝られるために、熟睡過ぎに注意!
<安全度>
★★★★☆:仮眠室などでの睡眠時には、貴重品の管理はしっかりと。

5.あえて、朝まで居酒屋・バーで過ごす。

あえて、朝まで居酒屋・バーで過ごす。

この方法に関しては、大前提に『他人に迷惑をかけない』ことです。そのほかに、翌日が『休み』であればこの方法が使えます。

ただ、飲み方にも注意が必要になります。

<費用>
★☆☆☆☆:酒の種類によっては、高額になってしまう。
<快適さ>
★★★★☆:楽しく飲んだり、しゃべったりできます。
<熟睡度>
★☆☆☆☆:眠るというより、次の日に眠ることを前提とした方が吉。
<安全度>
★★☆☆☆:酔いすぎ注意!気持ちよく飲みましょう。

6.格安ホテルサイトを調べて、ホテルをとる

格安ホテルサイトを調べて、ホテルをとる

明日は仕事、その上にタクシーなんて呼んでられない。といった時には、やっぱりホテルでの休養が一番です。

格安ホテルも多くあり、タクシーで帰宅するよりも、時間を有効に使えます。

<費用>
★★★★☆:地域によっては費用も安価で済み、体を休められます。(2500円~)
<快適さ>
★★★★☆:格安ホテルとはいえ、そこはホテル。快適に寝られます。
<熟睡度>
★★★★☆:安い=ベッドが良くないということはありません。
<安全度>
★★★★★:安いとはいえ、しっかりとしたホテルなので安全です。

7.究極の宿泊。野宿をする。

究極の宿泊。野宿をする。

これは、コスト特化型の宿泊方法です。

それ相応の装備があれば、快適になりますがさすがにキャンプではないので現代人としてどうなのか疑問になります。せめて、親友が泊めてもらえないか頼むことも必要です。

<費用>
★★★★★:宿泊費用0円!圧倒的なコスト。
<快適さ>
☆☆☆☆☆:せめて寝袋やテントが欲しいところ・・・
<熟睡度>
☆☆☆☆☆:どこでも寝られると豪語している人なら、平気かも・・・
<安全度>
☆☆☆☆☆:虫・寒さ・貴重品管理してても・・・女性なら特に危険!

ここまで、おすすめの過ごし方を述べてきましたが、最後の野宿は基本おまけのようなものです。女性一人で終電を逃した時に、野宿なんて選ぼうものなら、『どうぞ、襲ってください 』といっているようなものです。

女性の場合は、『野宿?!』となった場合は友人に泊めてもらいましょう。

ここからは、安くてしっかりとしたホテルチェーンを3つ取り上げていきたいと思います。ホテル数の多い・安いなどの観点から取り上げていきましょう。きっと、手軽に泊まれるホテルチェーンが、近くにあるかもしれません。

おすすめのホテルチェーン3選

今回の終電を逃した場合の利用でもいいでしょうし、出張にも利用できるチェーン展開しているホテルを取り上げていきます。普通の旅館などにも泊ってもいいでしょうが、やはり出張や終電を逃した場合は出費を抑えたいもの。

ある程度の快適な睡眠を提供してくれるホテルで、単身だけでなく家族旅行でも泊まれるホテルを紹介していきます。

1.スーパーホテル

1泊なんと1000円~ゆっくりプランでも2000円~無料朝食も付いていて平日6:30~8:55まで、日曜・祝日6:30~9:25分までの提供となっています。

2.R&Bホテル

こちらのホテルは、日付や空室状況に応じて5000円~8800円の間の料金で、無料朝食付き。そして、学割やシニア割。レディースプランなど多種多様のプランを用意しているホテルです。

3.ワシントンホテル

R&Bホテルグループのひとつで、1泊5870円~あり、朝食はバイキング仕様ですが、残念ながら有料となっています。

この他にも主要都市に支店を構えているチェーンホテルがあり、お互いにしのぎを削っています。チェーンホテルならではのその地方に特化したサービスを提供しているところもあります。

ここまで色々と取り上げてきましたが、終電を逃したという変えられない事実をなんとか乗り越えるために、最善を尽くしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク