あなたは車のフロントガラスが凍ったとき、どのような対処をしていますか?

冬の朝、車で外出しようとする際にフロントガラスが凍っている様子を見ると落胆してしまいますよね。そのせいで出発が遅れたりして結構ストレスになるものです。

出発を遅らせないようにするためには、あまり時間をかけずにフロントガラスを解氷させたいものです。

スポンサーリンク

そのような楽な方法があるものなのでしょうか?

気になるところですね。そこで、この記事では車のフロントガラスの凍った時の対策について紹介します。読んでご理解いただきますと予定どおり車で外出できるようになりますよ。

是非参考にご覧ください!

なぜ冬に車のフロントガラスは凍るのか?

フロントガラス 凍る

出典元:季節の探求

車のフロントガラスの凍るのは低温の外気でガラスが冷えたことによるのではなく、外気の水分が冷えて結晶化したものがガラスに付着しているためです。

その原因は「放射冷却」という現象にあります。「放射冷却」とは、日中に太陽エネルギーを吸収した地面が夜になると宇宙方向へ熱を放射する際に地面や空気が冷却される現象のことをいいます。

地面や空気の冷却される際に大気中の水分の結晶化したものが車のフロントガラスに付着します。「放射冷却」は雲により遮られてしまうものであり、フロントガラスの凍結は雲のない晴れた夜に発生しやすいです。

凍ったフロントガラスにお湯をかけてはいけない理由

凍ったフロントガラスを解氷するのにお湯を使う方が少なくありませんが、望ましい方法ではありません。

なぜなら、お湯をフロントガラスにかけると割れる危険性があるからです。割れる原因には次の3点が考えられます。

(1) お湯の熱の膨張

お湯の熱の膨張

車のフロントガラスは衝突事故の起きるケースも想定されていて、そのケースでガラスを飛散しにくくするため複数構造をしています。

熱湯をガラスにかけると熱が膨張し、その際に空気が発生します。

熱膨張で発生した空気によりガラスが歪み、各ガラスの膨張率の差異に伴う歪み方の不整合により割れやすくなります。

(2) 急激な温度変化

ガラス自体が急激な温度変化に弱いため、それに耐え切れず割れやすくなります。

(3) 外気との温度差

お湯と外気との温度差により水蒸気が発生し、その水蒸気で再度凍結してしまいます。

お湯でも温度が40度以下のものであれば安全ではありますが、寒さの程度によってはしばらく時間が経つとガラスに残存した水分が再度凍結してしまうので、いずれにしてもお湯での解氷は望ましくありません。

車のフロントガラスが凍った時の対策

車のフロントガラスが凍った時の対策

車のフロントガラスの凍結には上記のとおりお湯の使用が向かないのなら、クレジットカードのような硬くて平たいものやスノースクレーパー、へらなどで除去したいものですが、ガラスの表面に傷がついてしまうのが不安になりますよね。

そこでオススメの対策を下記に紹介します。

(1) アルコール水溶液をかける

アルコールを3分の2、水を3分の1の割合でアルコール水溶液を作り、それを車のフロントガラスにかけるという方法です。

アルコールは凝固点が氷点下89度ですので外気の温度で凍結しません。

使用するアルコールは清掃用や飲用のもので対応できます。飲用のお酒が余っていれば捨てずに使用できるので経済的です。

(2) 解氷スプレーをかける

解氷スプレーは、(1)のアルコール水溶液のメリットと同様に凍結しにくいアルコールを含有している市販のスプレーです。

フロントガラスに吹きかけるのみで解氷できます。凍結の予防にも使用できます。冬などの寒い時期には車内に常備しておくとよいでしょう。

(3) 予め暖気運転しておく

外出する10分前に車内に暖房をかけて、暖房の風の吹き出し口をデフロスターにした上で温めておくと車内もエンジンも温まってきますので、フロントガラスの付着した氷が溶けやすくなります。

おすすめ解氷スプレー3選

上記の(2)でオススメの解氷スプレーには様々なものがありますが、コスパの高いものを下記に3つ紹介します。

(1) KUREアイスオフ

KUREアイスオフ

内容量420mlで410円という値段で販売されています。

特殊アルコールによる溶解力や炭酸ガスによる強い噴射力、鍵穴にもスプレーできるように配慮されてチューブの付属している点が魅力です。

(2) 古賀薬品工業 解氷スプレートリガー

解氷スプレートリガー

内容量500mlで425円という値段で販売されています。

撥水効果に優れていて、商品の表示にもあるとおり氷点下40度まで対応できるという点が魅力です。ガスボンベ式より噴射の勢いを抑えたタイプでありますが、効果は十分発揮できます。

使用量を抑えながら使用したいという方には向いている商品と言えます。

(3) ホルツ ディ・アイサー

ホルツ ディ・アイサー

内容量400mlで300円という値段で販売されています。

解氷剤の能力と噴射量のバランスに工夫がされている製品です。

おすすめ凍結防止カバー

カーフロントカバー厚手

凍結防止にはヴィヴィアンストリートの「カーフロントカバー厚手」をオススメします。

縦70cm×横150cmの大きさで1,240円の値段で販売されています。ドアに挟む部分も付いていて取り付けが簡単です。厚み6cmの防水アルミフィルム二重構造により強度が強く、断熱遮光効果もあり日よけにも対応できるためオールシーズン使用できます。

口コミによると「ドアに挟む部分が劣化しやすい」という声があり、風の強い日にはワイパーで挟んでおくとよいようです。

カーフロントカバー厚手の購入はこちら【楽天市場】

まとめ

ここまで車のフロントガラスの凍った時の解決方法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

凍る原因には雲のない晴れた夜に生じやすい「放射冷却」という現象にあります。それは太陽と地球がエネルギーを交換していることによる証拠です。その際の大気中の水分の冷却により結晶化したものが、フロントガラスに付着して翌朝の悩みになります。

解氷にはお湯を使用するのは熱とガラスの性質により望ましいものではなく、特に熱湯はフロントガラスの割れるリスクがあるので避けましょう。

お湯ではなく水とアルコールを使用する方法が車のフロントガラスの凍結に効果的です。アルコールは凝固点が氷点下89度であるため、外気の温度で凍結せず液体の状態を維持します。

その解氷メカニズムが市販の解氷スプレーにも取り入れられて、アルコールを含有しています。解氷スプレーには様々なものがあり上記に3つ紹介しましたが、各社で噴射力や解氷剤に工夫が施されています。

また、凍結予防策の一つとして凍結防止カバーをしておくと「放射冷却」による影響を受けにくくしますのでオススメです。夏場の日よけも対応できるほどの強度の強いタイプを購入されるのが望ましいですね。

今後は車のフロントガラスの凍結には、お湯を使用せずにアルコールの含んだ水を使用するようにすれば冬でも毎日安心して予定通り車で外出できるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク