お正月と言えば初詣の行事がありますね。あなたは初詣にはいつ行っていますか?

実は、初詣に行くにはベストな期間や時間帯があるのです。それには初詣の由来に秘密があります。

また、関東と関西とで違ったりするものです。それもなぜなのか気になってきますよね。

スポンサーリンク

そこで、この記事では、初詣に行くべき時期についてまとめてみました。

お読みいただければ、今後の初詣に行くスケジュールを計画的にしっかり考えることができますよ。

是非参考にご覧ください!

初詣はいつまでに行けばいい?

12e1c44de322ca93ec6f8caf8521d13a_s

初詣に行くべき期限は一般的には三が日以内または松の内に行くものという考え方が浸透していますが、地域によって考え方が異なり明確な決まりはありません。

初詣には元々古くから「年籠り」という、一家の長が大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社(現代の神社)に籠って祈願するという風習がありました。

しばらく年月が経つと、それが大晦日に詣でる「除夜詣」と元日の朝に詣でる「元旦詣」に分かれるようになりました。

初詣の原型にあたるのがその「元旦詣」です。

さらに年月が経つと詣でる日自体も元旦にこだわらなくなり、年神様のいらっしゃる日までに詣でればいいという考え方になっていき、その考え方が現在でも根強いです。

ただし、あくまでも目安です。1月中に限らず、初めて寺や神社に参拝したときが初詣です。

ベストな期間とベストな時間帯

初詣に行くには年神様の喜びそうなタイミングにしたいものですね。

そこで、ベストな期間と時間帯について下記に紹介します。

(1)ベストな期間

年神様のいらっしゃる期間、つまり松の内がベストな期間であるものと考えられます。

松の内は関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされていて、その日までに詣でるのがベストです。

松の内の期間中でも仕事が休みである日に参拝するのが望ましいですね。

(2)ベストな時間帯

3ee5b1e6cdebf2f3bd9e2e1bbaff35e2_s

初詣にベストな時間帯は午前中です。

太陽が昇っている間に運気も上がり縁起がいいと言われていますし、神様への謝意は早い方がいいとのことでその時間帯がオススメです。

ただし、浅草寺や明治神宮などの有名な寺や神社においては元日の午前0時から3時までの間や三が日の日中は混雑していますので時間に余裕をもって参拝しましょう。

待ち時間に3時間要する場合もあります。

その場合には冬の寒い時期に長い時間待つことになるため、寒さ対策も十分にしておきましょう。

関西と関東で初詣の期間に違いはある?

d7204f6c5a25a9bde5ae435b7c3b1ee9_s

初詣は松の内に行うものとして全国的に定着していますが、その松の内の期間に関東と関西とで違いがあります。

具体的には関東で1月7日、関西で1月15日となっています。

その原因は徳川幕府の時代にあります。元々全国的に松の内は1月15日であり、年神様がその日に天に戻られた後に鏡餅を1月20日に食べる「鏡開き」という風習がありました。

ところが、徳川家光が4月20日に死去してからは「20」という数字を忌み嫌うようになり「鏡開き」の日が1月20日から1月11日へ変更されることになりました。

それに伴い「鏡開き」が年神様の天に戻られる1月15日より前の日になるのはおかしいと考えられ、松の内も1月15日から1月7日になりました。

そのため、徳川幕府の設置されていた関東では松の内、つまり初詣は1月7日までにすべきと考えられています。関西では徳川幕府の影響を受けておらず、松の内は1月15日までという期間のまま現在に至っています。

まとめ

ここまで初詣に行くべき時期について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

初詣に行くには年神様のいらっしゃる松の内に行くのがベストですね。松の内は関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっていて地域によって違いがあります。

その違いは徳川幕府の時代の影響を受けているか否かにあることについてご理解いただけたことでしょう。時間帯についても縁起を担ぐために太陽が昇って運気も上がる午前中が望ましいです。

有名な寺や神社に参拝する場合は元日の午前3時までや三が日の日中が混雑しますので、時間に余裕をもってスケジュールを立てて待ち時間の寒さ対策も十分にしておきましょう。

今後の初詣は松の内の午前中に行き、年神様へこれまでの感謝とともに良い一年であることを祈願しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク