1日や2日であれば、学生時代の入試の勉強に徹夜したことがあった人もいるのではないでしょうか。2日目ともなると相当きついのではないでしょうか?

勤める仕事の内容によっても、徹夜が常にあるというわけではないものの残業が長時間など、自宅に帰るより会社に泊まったほうが良い場合などの、色々な場面があります。

スポンサーリンク

ここでは、徹夜の限界について述べていきたいと思います。徹夜の限界なんて、追及するものではないですが世界は広く徹夜の限界を追求した人が世界には居て、最後のほうでは意識もうろうとして幻覚・幻聴などの障害にあったそうです。

そのような事にならないように、適切な限界とコツや仮眠。そして、考え方や具体策について取り上げていきます。

徹夜の限界は何日?

徹夜の限界は何日?

断眠(全く睡眠しない)の世界記録がアメリカにあり、11日というとんでもな記録となっていますが、これは1965年の記録で脳波を観測しての記録ではないので、マイクロスリープ(短時間だけ眠る)という起きてはいるのに寝ている状態という、状況が時折出ていたようです。

正式な脳波を観測しての計測は、1971年のドイツの記録で5日間とそれでも長いですが。断眠の記録があります。

その後、挑戦した男性は極端に眠る時間が長くなったわけではなく、13時間ほどの睡眠で回復したそうです。

徹夜のコツ①食事編

徹夜のコツ①食事編

ここまでは、世界の記録について述べてきましたが、ここでは、徹夜をするためのコツについて述べていきます。

徹夜は体に悪いとはいえ、どうしても徹夜をしなければいけない場合が社会人にはあったりします。そんなときに取るべき食事はどのようなものが良いのでしょうか?

タンパク質を取りましょう。効率よく活動するために炭水化物を取ってしまっては、かえって眠くなり徹夜ができなくなってしまうので注意が必要です。

徹夜にはお約束の『コーヒー』を飲むことも徹夜にはおすすめです。飲む目安としては1時間1杯のコーヒーが良いでしょう。

簡単に2つの項目が出てきました。やはり集中したい時にはコーヒーです。そして、炭水化物ではなくタンパク質を取ることで眠くなることを抑えましょう。

徹夜のコツ②仮眠編

徹夜のコツ②仮眠編

ここからは、コツの仮眠編となります。徹夜と仮眠、相反するものですが、仮眠をうまく使うことで徹夜をすることができるように、体を持っていきましょう。

まずは『昼寝をする』。会社勤めでこれは無理かもしれませんが、昼寝を前もってすることでその日の徹夜のしやすさがだいぶ異なってきます。

そして、終わったときや終わる目星がついた時には、思い切って仮眠しましょう。当然、座ったままなどでの仮眠です。横になってしまっては完全な睡眠になってしまい、短い時間で起きれなくなってしまいます。

徹夜のコツ③限界だと感じたとき編

徹夜のコツ③限界だと感じたとき編

この項目に関しては、もう、これしかありません。『仮眠』しましょう。

10分でも体をOFFにするだけでも効果はあります。そのため『もう・・・無理』などの限界を感じた場合はおとなしく仮眠を取りましょう。まして、このような限界を感じている時は、体がうまく動かせなくなり座ったままフリーズしているような状況になります。

次の日を乗り切るための考え方

いよいよ徹夜明けとなる次の日。そのような日は大抵、目の下には大きなクマができています。そのまま次の日を迎えてもいいでしょうが、さすがに社会人としてクマを作ったままというのはいかがなものでしょう。

であれば、仮眠の間にクマを取るようなケアをした方がいいでしょう。

そして、散歩をしながら朝日を浴びると、体が切り替わります。このようなことをすることで、徹夜明けを乗り切れる活力を得ることができます。

次の日を乗り切るための具体策

朝

具体策としては『朝食を摂る』ことです。普通に考えて、眠い時にお腹を満たしてはより眠くなってしまいそうですが、この方法は体に朝が来たということをわからせるためなので、満腹になる必要はありません。

朝日を浴びながらの散歩もいいでしょう。気分転換と朝日を浴びることでの体内時計のリセットにもなり、体の負荷を少しでも減らせます。ただ、日光浴となると眠くなってしまうので、ほどほどの散歩にしましょう。

そして、次の日は10分~20分に1回程度の休憩を入れましょう。でないと徹夜の疲れに上書きしてさらに疲れてしまうので、無理は禁物です。

昼

やはり基本中の基本です。『仮眠』を取れるようならとりましょう。1度めは昼休憩で、午後からは幾分体が楽になっていることでしょう。もしかしたら、今日も徹夜できるかもなどと思っているかもしれません。

もしかしたら、これは実践している企業もあるかもしれません。『立ったまま仕事をする』。これに関しては立つことで、足に力が入り血液の流れが滞りがちになった体調を変えることで、体の眠気が改善されます。

夕方

夕方

ここからは、夕方の項目に入ります。

徹夜明けなのに、次の日も徹夜なんてしてしまうと、労働基準法に引っかかってしまうので残業はせずに帰宅しましょう。徹夜の妙なテンションになって、このまま仕事ができそうな気がしてしまいますが、無理をせずに体を休めることに注力しましょう。

そして、帰宅後は徹夜のテンションで眠くならないからといって、夜更かししてしまっては元も子もないので、徹夜明けの次の日はおとなしく寝ましょう。

まとめ

ここまで、徹夜に関して述べてきましたが、『徹夜』は社会人になるとどうしても切っても切り離せないものでもあります。そして、一晩徹夜をしてしまうと、翌朝が妙なテンションになりもう1徹夜なんていう話にもなりかねません。

それだけ、徹夜には脳の興奮剤がアベコベな時間で出てしまうために余計にハイテンションになってしまいます。そのため、次の日もいけそうな気分になってしまい、それが続くと夜行性と呼ばれる夜型の生活になってしまいます。

そのような事のないように、適切な休憩・仮眠をとって体調を整えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク