会社の職場には様々な性格の人がいて人間関係で悩む方は少なくないものです。

もしあなたが会社で孤立してしまったらどうしますか?

気にして落ち込んでストレスになる人もいれば、そうでない人もいます。ただ、そのせいで会社を休職や退職をするというのはその後の人生を左右してしまうもので大変なことです。

スポンサーリンク

できれば避けたいところですね。

そこで、この記事では会社の職場で孤立する人の特徴と気にしないための対策について下記にまとめてみました。

読んでご理解いただきますと、会社の職場で孤立した場合に休職や退職という手段以外でどうにか乗り越えていけるヒントになるでしょう。

是非参考にご覧ください!

職場で孤立しがちな人の特徴

職場で孤立しやすい傾向のある人の特徴を以下に紹介します。

(1) 自己主張が強い

自己主張が強い

自己主張が強い人は相手の意見を否定することが多いです。自分の意見が否定されると大抵は嫌な感情が生じるものです。

その性質から、自己主張の強い人と会話をすることによって嫌な感情が生じてストレスになってきます。そのため、周囲の人はその人に会話しようという気になれず、結果的に孤立してしまいます。

(2) 社交性がない

会社では歓迎会や送別会、忘年会、新年会などの様々な恒例の行事がありますが、社交性の全くない人は参加しないものです。

そのような行事に参加しない人に対して周囲は「何か事情のある人なのかな?」と思うようになり、変に気を使われて話しかけにくい雰囲気を作ることになります。

また、恒例の行事には参加する人でも、それ以外の飲み会の誘いなどをすべて断るような人は好ましく見られません。このように社交性のない人は人間性まで疑われるリスクもあり、孤立する傾向にあります。

(3) 協調性がない

会社では時と場合によって、自分の担当する仕事以外の作業を上司等より依頼されることもあります。

その依頼をすべて断っていると組織の力が半減してしまい、組織として好ましいことではありません。

協調性のない人は他人を助けることをしないので、自分が助けられる場面もありません。その結果で組織の人間としては役に立たないと思われて嫌われてしまい、孤立しやすくなります。

(4) 真面目すぎる

真面目に仕事をすることは仕事の基本ですが、その度合いが強くて孤立しがちな人は少なくありません。不測の事態に陥ったときにはマニュアルどおり実行できないこともあります。

そこで、真面目すぎる人は周囲の助言等を聞かずにマニュアルどおりのことを行おうとします。

すると、周囲からは助言等を行っても柔軟に動ける人ではないと思われて、好ましく見られずに孤立してしまいます。

会社で孤立した時、気にしない5つの対策とは?

会社で孤立した時、気にしない5つの対策とは?

会社で孤立した場合に気にしないようにするコツを以下に5つ紹介します。

(1) 今すべき仕事に集中する

仕事に集中していると会社で孤立しているという意識が消えます。

今すべき仕事があれば、そのことだけに意識を集中させることで周囲のことなど気にしなくなります。すべき仕事がなくなったら上司に頼んで仕事をもらい、その仕事に集中しましょう。

(2) 仕事以外の楽しみのことを考える

仕事以外の楽しみのことを考える

仕事で集中できないときは仕事の終わった後のことを考えると、会社の人間関係のことなど気にしなくなります。そのためには仕事の終わった後に、楽しみとなるものを設定しておくことです。

例えば、おいしい飲食店に行くことやスポーツで汗をかいて温泉に入るなどです。

外で楽しむこと以外には、家に帰って様々な酒を飲んで楽しんだり、DVDを見たり、本を読むという方法などもあります。

(3) 価値観は違って当たり前と考える

価値観は10人いれば10人とも違い、100人いれば100人とも違うものという意識を持つことです。

価値観が違って当たり前と思えば、複数で群れている方がおかしく思えてきます。すると自分の価値観を大事にいいものと思うようになり、周囲の様子などに対して気にしなくなります。

(4) 会社にいる目的を思い出す

会社にいる目的を思い出す

そもそも自分がなぜ会社にいるのかについて考えてみると、職場での孤立状態のことを気にしなくなります。

会社にいるのは友達作りのためでもなければ、複数の人間と群れるためでもありません。組織の一人としての自覚をしっかりした上で役割を十分に果たしていれば、無意味な群れなどを作る必要はありません。

(5) 時間と費用がお得であると考える

会社で孤立していれば、交際するのに時間もお金もかからなくて済むのでお得という考え方をするのもオススメです。

交際する人間が多ければ多いほど交際費用がかかりますし、付き合う時間の分プライベートの時間を削ることになります。

また、仕事以外の時間なのに上司や先輩などの目上の人には付き合いで気を使うこともあります。孤立している場合はそのようなことに、エネルギーを費やさなくてもいいというメリットがあります。

孤立状態を気にしないためにはメリットを考えましょう。

まとめ

ここまで会社の職場で孤立する人の特徴と気にしないための対策を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

会社の職場で孤立しやすい人には仕事のできるタイプとそうでないタイプの両極端に出やすいこともありますが、前者の場合は仕事に集中してプライベートを充実させることで乗り越えることができるのではないでしょうか。

後者のタイプも仕事を段取りよくできる仕事術を見つけて、組織の一員として良い結果を出せば孤立したとしても問題ありません。

したがって、会社の職場で孤立した場合でも組織の一員としての役割をしっかり果たしてさえいれば、プライベートの時間を充実させることで有意義な生活を送ることができるでしょう。

有意義な生活を送ることができているなら職場の孤立のことなど全く問題ではないので気にしなくて済みますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク