あなたはお酒を飲む際に二日酔いの対策をしていますか?

よくウコンの力を飲み会の必須アイテムに持ち歩いている人を見かけるものです。あれはなぜなのか、あなたはご存知ですか?

スポンサーリンク

確かにウコンの力はお酒を飲んだ後に効いてくるようで、効果の実感を得ている方は少なくありません。ウコンの力を飲む方のうち飲酒前に飲む方が圧倒的に多いようなのですが、飲酒後や翌朝に飲む方もいらっしゃいます。

ウコンの力を飲むのにはいつのタイミングが最適なものなのか、気になりますね。

そこで、この記事ではウコンの力について効果やベストな飲むタイミングなどについて紹介します。読んでご理解いただきますと、今後はウコンの力を必須アイテムにして楽しくお酒を飲むことができるようになりますよ。

是非参考にご覧ください!

なぜお酒を飲む時にウコンの力を飲むのか?

なぜお酒を飲む時にウコンの力を飲むのか?

flickr photo by Norio NAKAYAMA

ウコンの力は二日酔いに効くということが定説になっていてお酒を飲む際に利用している方が多いです。

二日酔いは、アルコールを摂取した後に肝臓で分解されて生成されるアセトアルデヒドという物質により発症します。アセトアルデヒドも最終的には水と炭酸ガスに分解されるのですが、日本人の体内には分解酵素が少ないために分解しきれずに二日酔いになりやすいのです。

そこで、ウコンを摂取することによってウコンに含まれるクルクミンというポリフェノールの一種の成分が、アセトアルヒデドの分解を促進して二日酔いになりにくくします。

また、クルクミンは胆汁の分泌も促進するので胃の荒れを緩和する効能も有しています。

ウコンはショウガ科の多年草の植物、つまりショウガの仲間であり、英語でターメリックとも呼ばれているもので、カレーのスパイスなどの香辛料に使用されています。ウコンにはピサクロンという成分も少量含まれていて、この成分も二日酔いに効きます。

ウコンの力のベストな飲むタイミング

ウコンの力を飲むには肝臓の処理の準備をするために飲酒する前がいいと思っている方が多いですが、あまり早すぎても飲酒前に排出されてしまう可能性もあります。

では、いったいウコンの力を飲むのにベストなタイミングはいつなのでしょうか。

ウコンの力のベストな飲むタイミング

それは飲酒の1時間前です。飲酒の1時間前からウコンを摂取しておけば胃腸の消化吸収が効率的になり、摂取したウコンは飲酒の際に胃腸にとどまってくれます。

飲酒前にウコンの力を飲んでおくことで肝臓を活性化させてアルコール分解の準備を整え、効率よく解毒作用を働かせることができます。

ウコンの力はお酒を飲んだ後でも効果はある?

ウコンの力はお酒を飲んだ後でも効果はある?

飲酒後にウコンの力を飲んでも効果はあります。

ただ、飲酒前に飲む方が効果を実感しやすいようです。それはウコンによるアセトアルデヒドの分解促進のタイミングによるでしょう。

例えば、ウコンによるアセトアルデヒド分解促進に7時間かかるとした場合、午後6時に飲み会を行うとしてその1時間前の午後5時にウコンの力を飲むとすると午前0時までには分解促進が終わります。

飲み会が終わって午後10時頃にウコンの力を飲むと午前5時までに分解促進が終わります。

この例で比較をすると、翌朝午前6時に起床する場合、肝臓にお酒が残っている感覚になりにくいのはどちらだと思いますか?早めに飲んだ方が効きそうなイメージですよね。

飲んだ日の翌日、気持ちの良い朝を迎えるには飲酒1時間前にウコンの力を飲むの望ましいですね。

ウコンの力を大量に飲んでしまうのは危険?

ウコンの力を大量に飲んでしまうのは危険?

ウコンの力を大量に飲むと肝臓に負担をかけてしまい、肝炎や肝硬変などの肝機能に障害のある方には最悪の場合で死に至るほどの危険性があります。

それは、ウコンには鉄分が豊富に含まれているためです。鉄分の摂りすぎにより肝臓に負担をかけて肝機能を悪化させてしまいます。ウコンに限らず、他に鉄分を多く含む食品であるレバーやほうれん草、しじみなども同様の危険性があります。

なお、胆汁を増加すると支障のある胆石の方にも注意が必要であり、ウコンのクルクミンによる胆汁の分泌促進が逆効果になります。また、妊娠中の方にもウコンの力の飲用には注意が必要です。それは、ウコンに含まれる精油成分が子宮を収縮してしまう副作用があるからです。

大量の飲用によって流産に至る危険性があります。

まとめ

ここまでウコンの力と飲酒の関係について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ウコンの力は二日酔いに効くというのが定説となっていて飲酒前に飲む方が多くいらっしゃいますが、具体的には飲酒する1時間前に飲むのがベストなタイミングです。ウコンの力にはクルクミンという成分が肝臓を活性化し、酔いの原因とされるアセトアルデヒドの分解を促進し、胃の中も荒れないようにしてくれます。

飲酒後にも有効ですが、ウコンのアセトアルデヒド分解処理のタイミングを考えれば飲酒前に飲む方が効果の実感を得られやすいです。

なお、お酒の飲みすぎに注意が必要であるのと同様にウコンの飲みすぎも要注意です。

ウコンには鉄分が多く含まれているため、飲みすぎると鉄分の摂りすぎにより肝臓に負担をかけてしまいます。特に肝機能に関して診断等で気にされている方は控えてください。

これからは、ウコンを飲むには適量を飲酒1時間前に飲んで楽しくお酒を飲みましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク