靴下を履き続けていると穴が開くことってあるものですよね。

あれはなぜそうなるのか、あなたはご存知ですか?

爪やサイズ等の原因もありますが、その他にも様々な原因が考えられます。

スポンサーリンク

また、穴が開かないようにするにはどうしたらいいと思いますか?

穴が開かないように丈夫な靴下を選びたいものですが、何を基準にして選べばいいものか悩むものですよね。

そこで、この記事では靴下に穴が開く原因や穴が開かないようにするための方法などについて下記にまとめてみました。読んでご理解いただきますと靴下を長持ちさせることができるようになりますよ。

是非参考にご覧ください!

靴下に穴が開いてしまう原因

靴下に穴が開いてしまう原因

靴下に穴が開く原因には以下のものが挙げられます。

(1) 爪が長い場合

穴の開くタイミングで爪が伸びていることに気づくことが多いものです。

爪が長いと歩くたびにその部分の劣化が進み、最終的には破けます。

(2) 靴や靴下のサイズが小さい場合

自分の足よりサイズの小さな靴下を履いていると、靴下の生地同士が強く引っ張りあうような状態になり破けやすくなります。

サイズの小さな靴の場合は靴が足を圧迫することによって、靴擦れと同時に靴下の生地を傷めてしまいます。

(3) 歩き方

爪先中心やかかと中心の歩き方をしていますと、足の強く当たる部分の生地に摩擦力が集中して穴が開きやすくなります。

また、速く歩くことが多い場合は、それだけ摩擦力が大きくなるため穴が開きやすくなります。

このことから運動量の多い方の靴下には穴が開きやすいと言えます。

(4) 指先の毒素

新陳代謝により足に毒素が溜まるもので、その毒素が足の外に排出され靴下の生地を溶かして穴が開くことがあります。穴の開く部分で新陳代謝の悪い箇所がわかる場合もあります。

例えば、指の部分の場合は内臓に、かかとの部分の場合は腎臓や膀胱、生殖器にそれぞれ支障を来たしている可能性が考えられ、症状の早期発見につながります。

(5) 靴下の劣化

同じ靴下の使用と洗濯を繰り返していると生地の劣化が速くなり、上記の原因がなくても穴が開きやすくなります。

親指側の靴下に穴が開かないようにする予防法

親指側の靴下に穴が開かないようにする予防法

靴下に穴が開かないようにするにはどうしたらよいのか、その方法について下記に紹介します。

(1) 爪を切っておく

まず爪を切っておくことで予防になります。

(2) 足の裏のバランスを意識した歩き方をする

足の裏のバランスの整った歩き方を心がけることで、摩擦力も特定の部分に偏りなく分散されて予防になります。

(3) 靴と靴下のサイズに注意する

サイズの合った靴と靴下を履くことを心がけることも重要です。

靴のサイズの大きい場合は靴下で調整し、重ね履きをしたり厚手のものを履いたりして靴のスペースを埋めるのが望ましいです。

(4) 重ね履き

2枚の靴下を重ね履きすることで足の冷えが改善され新陳代謝が良くなり、足からの毒素が生じにくくなります。

(5) 五本指タイプを履く

五本指タイプを履く

足の指についても摩擦力の集中が生次ることが多く、それが穴の開く原因にもなりますが、五本指のタイプを履くことによって摩擦力を分散することができますので予防になります。

穴が開きにくい靴下の選び方

穴が開きにくい靴下の選び方

穴が開きにくい丈夫な靴下の選び方は下記の基準を目安にするとよいでしょう。

(1) 肌触り

手で触ってみて気持ちのよいものが望ましいです。

肌触りのいい靴下は摩擦力を軽減します。

(2) フィット感

伸縮性のいいものはフィットしやすいです。強すぎず弱すぎず、ちょうどよいフィット感の得られるものが望ましいです。

ちょうどよいフィット感により摩擦力を軽減します。

(3) 保温性

保温性の高い靴下が望ましいです。

足を温かくしておけば新陳代謝も改善され、足から毒素が排出されにくくなります。

夏でもメリノウールという素材を使用している靴下であれば、熱くて汗でむれるということがないのでオススメです。

まとめ

ここまで靴下の穴の開く原因等について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?靴下の穴の開く原因には爪やサイズの他に、歩き方や新陳代謝なども考えられます。

予防としては爪を切ったり、正しいサイズや歩き方を心がけたり、足を温める工夫をしたりすることなどの方法が望ましいです。

今後は足の健康を維持することも意識して、穴の開かない靴下にして長持ちさせましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク