部屋に入ると、ほこりっぽく感じることはありませんか?あまりにもほこりっぽくて、くしゃみや鼻水が生じることもあります。

あれは一体なぜだと思いますか?

掃除をしても、ほこりっぽさはなかなか解消できないものです。それで悩む方も少なくありません。

スポンサーリンク

中には掃除が足りないのか疑ってしまう方もいらっしゃいますが、実はちょっとした工夫をすれば解消できるものなのです!

そこで、この記事では部屋が埃っぽい原因や対策について紹介します。読んでご理解いただきますと、部屋が埃っぽくなくなります。

是非、参考にご覧ください!

部屋が埃っぽいとは?

部屋が埃っぽいとは?

部屋が埃っぽいとは、身体で感じる違和感のことです。

その違和感は、鼻で感じるものです。鼻の中に異物が入り込むと不快な感覚になります。

例えば、空気が汚れているとかすかなカビなどの臭いで感知できます。つまり、かすかな異臭や異物が鼻の中に入り込むことにより、部屋が埃っぽく感じるのです。


スポンサーリンク

なぜ部屋が埃っぽくなるのか?

なぜ部屋が埃っぽくなるのか?

では、部屋が埃っぽく感じるのはなぜでしょうか?

その原因は、部屋の中にあります。それは、繊維のくずです。繊維と言えば、布製品がイメージに浮かびますね。

部屋の中の布製品は、様々なものがあるものです。例えば、衣類や布団、カーテン、絨毯、カーペットなどです。埃は、繊維を核にしてダニの死骸や卵、糞などが絡み合い出来上がり、部屋中に舞います。

犬や猫などの毛の生えている動物を飼っている家庭では、その毛ゴミも埃の発生源となりますし、24時間換気をしていて風通しを良くしている家庭では、外気と一緒に含まれる土埃や花粉なども埃の発生源となります。

掃除をしても埃がたまる原因

掃除をしてもなかなか埃っぽさが解消できないものですが、その原因には次の点が考えられます。

(1)部屋に埃の発生源が多い

上述のとおり、衣類や布団、絨毯などが埃の発生源であり、それが多いと掃除をしても埃が溜まりやすくなります。

(2)部屋に置くものが点在している

部屋に置くものが点在していると、掃除の行き届かないスペースが生じて埃の溜まる場所が多くなります。

つまり、部屋の状況によって掃除の効率を悪くしている場合があるということです。掃除の効率の悪い場所に埃が溜まり、そこから埃が広がっていく可能性もあります。

埃を出ない部屋にするには?

部屋から埃っぽさを解消するための方法を下記に紹介します。

(1)布製品を置かない

埃の発生源となるものを部屋に置かなければ、埃も発生しなくなります。使用しない布製品は捨てるようにすると、部屋も広くなり一石二鳥です。捨てられない場合は、タンスなどに収納しておきましょう。

特に衣類の中でもウールやアクリル製のものは、埃が発生しやすいです。

例えば、セーターやマフラーなどの冬に使用する傾向のある衣類です。その代用としてジャンパーやヒートテックを着るようにすれば、埃の発生を防止できます。

(2)掃除をしやすい環境にする

部屋の中に置くものの配置状況が点在していると、掃除の行き届かないスペースが生じやすいです。

そのスペースに埃が溜まり、そこから埃っぽさの広がる可能性があります。

そこで、掃除のしやすさを考慮して部屋に置くものの配置を見直して整理することで埃っぽさをなくす対策になります。

(3)埃を残さないように掃除をする

埃を残さないように掃除をする

埃っぽい部屋にしないためには、十分に掃除をすることが必要不可欠です。部屋の隅や身長より高い場所などは、掃除を怠りがちです。

掃除を怠りがちなスペースには埃が溜まりやすくなりますので、掃除の際には注意しておきましょう。

(4)空気清浄機を使う

空気清浄機を使うと、埃が部屋の中に発生しにくくなります。空気清浄機にはフィルターが備えられていて、部屋の埃がフィルターに付着して変色します。

そのため、適度にフィルターの交換は必要です。なお、掃除を十分に行った上で使用しないと非効率です。空気清浄機は、あくまでも掃除の補助的な役割を果たすに過ぎないというイメージをお持ちください。

埃が床などに積もらないようにするには?

埃が舞うと床などに積もるものです。

それを防止するためには、下記の方法が効果的です。

(1)小まめに掃除をする

小まめに掃除をする

埃は短時間で溜まっていくものですので、小まめに掃除をしておくことで埃の堆積を防止することができます。

(2)適度に換気をする

上述のとおり、24時間換気している状態ですと土や砂の埃が外から入ってくる可能性がありますが、全く換気しないという状態も埃を閉じ込めてしまう原因になり好ましいものではありません。

そのため、適度に換気をしておくことも必要です。

そうすることで埃を外に排出することができますので、床などに積もりにくくなります。

まとめ

ここまで部屋の埃っぽさの原因や対策について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

部屋の埃っぽさは鼻で感じるものであり、その正体は繊維のくずです。繊維のくずは、衣類や布団、カーテン、絨毯などから生じます。

それがダニの死骸などの細かなゴミと一緒になって埃となり、部屋の空気の中に舞い込んで床などに積もったりします。

埃っぽさを除去するには発生源となる衣類などをタンスに収納し、部屋の中の配置状況を見直して整理することで掃除のしやすい環境を作ることが重要です。掃除のしやすい環境を作った上で、小まめに掃除を行い、換気も適度にしておくことで部屋の埃っぽさを解消することができます。

これからは、是非部屋の中のものの状況を見直した上で、掃除の効率も考慮して埃っぽさをなくしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます