皆さんは、いつも使っているバスタオルをどのタイミングで買い換えますか?

バスタオルを買い替えのタイミングは使う人や使い方によっても違います。

実際、バスタオルの寿命はどのくらいで
どのタイミング買い換えるといいのでしょうか。

ここでは、バスタオルの寿命と買い替えのタイミング
バスタオルを長持ちさせる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

バスタオルの寿命ってどのくらい?

バスタオルの寿命ってどのくらい?

皆さんは、バスタオルの寿命がどのくらいなのか分かりますか?

実際どのくらいでバスタオルの寿命が来るのかよく分からないと思います。

ここでは、誰もが気になるバスタオルの寿命についてみてみましょう。

バスタオルの寿命についてこれといった定義はありません。
つまり、自分が変え時と思ったときが【バスタオルの寿命】になるのです。

ただ、それぞれの家庭によってバスタオルを変えようと思うタイミングは違うので、
目安をつける必要があります。

例えば、ホテルなど業務用として使われるバスタオルは
洗濯を30回したら寿命になります。

その理由はバスタオルの繊維が洗濯によって傷むからです。

常に、ホテルに泊まったお客さんにふわふわのバスタオルを提供するには、
これくらいの寿命になってしまいますよね。

しかし、家庭で洗濯を30回したら寿命と言うのは難しいので、
家庭では買い換えるタイミングを見ながら【1年程度】を寿命の目安とし、
バスタオルを買い換えるようにしましょう。

ただし、繊維が短いバスタオルは傷むのも早いので、
寿命目安よりも寿命が短くなるので注意しましょう。


スポンサーリンク

バスタオルの買い替えのタイミングはいつ?

バスタオルの買い替えのタイミングはいつ?

バスタオルの寿命について分かっていただけたと思います。

家庭での寿命の目安は分かっても、
どのようなタイミングで買い替え場いいのかよく分かりませんよね。

ここでは、バスタオルを買い替えるタイミングについてみてみましょう。

バスタオルを買い替えるタイミングはバスタオルの傷み具合によって変わります。
この傷み具合を目安にバスタオルを買い替えるようにしましょう。

買い替える目安になるバスタオルの傷み具合

バスタオルの繊維に黒い点が染み込んでいる

バスタオルが傷んでもパッと見た感じだときれいに見えますが、
良く見てみるとパイルの隙間に黒い点の汚れが染み込んでいることがあります。

これは、生乾きや部屋干しをすることによって黒かびが生えてしまっている状態です。

この状態のバスタオルを使い続けると
ニキビや肌荒れなどの原因にもなってしまうので買い替える必要があります。

バスタオルが変色している

バスタオルが傷んでくると
ピンクやオレンジのような色に変色してきます。

これは、赤色酵母や黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖しているために起こる現象です。

赤色酵母って何?

赤色酵母と呼ばれる微生物で、カビやキノコと同じ菌類です。

赤色酵母は、学名ロドトルラ(Rhodotoyula)属と言い複数種類がいますが、一般住宅では特に「コドトルラ・ムシラギノーサ;R.mucilaginosa」が見られます。

よく発生する場所は、常に水分が付着しているシャンプーボトル、せっけん箱、風呂おけ、食器乾燥かごの水受け皿などです。

水道の蛇口周辺や冷蔵庫内の製氷用水のタンク、加湿器などに繁殖しているのに気づかずに使っていることもあります。住環境のあらゆる場所に存在し、「住まいの常在菌」と言えます。(一部抜粋)

引用元: 微に入り細に入り

バスタオルが生臭くなる原因で、
この状態のまま使い続けると【黒カビ】を発生させる原因にもなるので
買い替える必要があります。

パイルがへたる

ある程度使用し洗濯するとパイルがへたってくるようになります。

そうなってしまうとバスタオル本来の持ち味や風合いなどが失われ、
ごわごわした肌触りになってしまいます。

ふわふわした肌触りのバスタオルをお望みの方は、
この状態になったら買い替えることをおすすめします。

これ以外にも色落ちや破れ・毛羽落ちなどが起こっていれば、
買い替えのタイミングになります。

特に、ご紹介した3つの目安がお使いのバスタオルに起こっていれば、
すぐに買い替えるようにしましょう。

バスタオルを長持ちさせる方法って?

バスタオルを長持ちさせる方法って?

買い替えのタイミングをご紹介しましたが、
家庭ではホテルのように頻繁に買い替えできません。

そのために、家庭ではバスタオルを長持ちさせるようにしましょう。

ここでは、バスタオルを長持ちさせる方法をいくつかご紹介します。

長持ちさせる洗い方

バスタオルは洗う頻度によって繊維が絡んだりして
硬くなってしまうで注意が必要です。

一度に多くの量を洗濯すると毛羽落ちがひどくなったり、
絡まってパイルが抜ける原因にもなります。

特に肌触りをよくしようと柔軟剤を使いすぎてしまうと、
逆に毛羽の原因にもなってしまいます。

柔軟剤を使うのは、
タオルが硬くなったときだけにするようにしましょう。

また、柔軟剤ではなく重曹やクエン酸をすすぎの際に入れても
同じような効果を発揮してくれます。

漂白剤の使用は生地を傷めたり色落ちの原因にもなります。

基本的に漂白剤は使用しないほうがいいですが、
どうしても使用する際は漂白剤に書かれた説明書を確認して
正しく使用するようにしましょう。

長持ちさせる乾燥の仕方

バスタオルの風合いを保つのに大切なのが乾燥です。

脱水したあと両手でタオルを横長にしっかりつかみ、
生地表面のループを開くようパタパタとふるようにします。

そのあと、四方にやさしく伸ばし、
しわやゆがみを直して風通しのいい日陰で自然乾燥させます。

そうすることでバスタオルの風合いを保ちながら
長持ちさせることができます。

最近は乾燥機を使って乾燥させる方もいますが、
乾燥機で乾かすとふわふわな仕上がりにすることができますが、
バスタオルが縮んだり生地の痛みの原因にもなるので
長持ちさせることができません。

バスタオルは出来るだけ乾燥機を使わず
自然乾燥させるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます