みなさんは、バスタオルを洗濯したのになぜか臭いがするということはありませんか?

どんなに洗濯しても臭いが残ってしまうので気になってしまいますよね。

実は、バスタオルを洗っても臭いが取れないのには
いろいろな原因があるのです。

ここでは、バスタオルを洗っても臭いが取れない原因や
さまざまなものを使って
完全に臭いを取る方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バスタオルを洗っても臭いが取れない原因って何?

バスタオルを洗っても臭いが取れない原因って何?

バスタオルを毎日洗っているのに、
臭いが取れないということがありますよね。

きれいにしているのに
臭いが残っていると誰でも気になるものです。

ここでは、バスタオルを洗っても臭いが取れない原因についてみてみましょう。

バスタオルを洗っても臭いが取れない原因はずばり【細菌】です。

細菌の中でも
主に【モラクセラ菌】と言う細菌が生臭い臭いをさせるのです。

“モラクセラ菌って何?

花王と愛知学院大学の川村好章教授は洗濯物を部屋干しした際などに生じやすい、ぞうきんのような臭いの原因菌を突き止めた。

モラクセラ菌と呼ばれ、日常の生活空間にどこにでもいる常在菌の一種。

洗い残したたんぱく質などを餌に増殖し悪臭を放つという。

この菌は健康な人や動物には無害だが、免疫力が極端に低下していると日和見感染症を起こすことがある。

引用元: 日本経済新聞

ただし、モラクセラ菌自体がにおいを発生させるわけでなく、
バスタオルに付着した皮脂汚れや水分をエサとして摂取し、
その後排出する【フン】が臭いの原因になるのです。

このモラクセラ菌は紫外線や乾燥にはとても強いので、
洗濯して天日干しをしても死滅することはありません。

しかし、他の菌やウイルス同様【熱】には弱いので、
約50~60℃のお湯に10~20分浸すことによって死滅させることができます。

このモラクセラ菌という細菌以外にも、
黒カビやアンモニア・汗などもバスタオルが臭う原因になります。


スポンサーリンク

完全にバスタオルの臭いを取る方法6

バスタオルが洗っても臭いが取れない原因について分かっていただけましたか?

臭いの原因である【モラクセラ菌】は、
カビなどと違い死滅させることができます。

ここでは、さまざま物を使ってバスタオルに付いた臭いを取る方法を6つご紹介します。

重曹を使用してバスタオルの臭いを取る方法

重曹を使用してバスタオルの臭いを取る方法

重曹は掃除などでも使われますが、
漂白剤などとは違い洗浄力がそこまで強くないので、
生地をいためることなく臭いを取ることができます。

【重曹を使った臭いの取り方】

  1. バスタオルが浸かるくらいのタライや大きめのバケツに約60℃のお湯と重曹を入れてよく混ぜます。(その際重曹の量は、お湯1Lに対して大さじ3杯を目安に入れます。)
  2. 重曹を混ぜたお湯の中に、臭いがするバスタオルをいれ約20分放置します。(冬場などお湯の温度がさめてしまう場合は、お湯を追加するなどして60℃を保つようにします。)
  1. 放置した後、浸していたバスタオルを取り出し、いつもどおりに洗濯します。

この方法のポイントは
【お湯の温度を下げないこと】です。

モラクセラ菌は50~60℃くらいの熱で死滅するので、
お湯の温度を下げてしまうと死滅させることができず、
逆に繁殖させてしまう可能性があるので注意しましょう。

洗剤を使用してバスタオルの臭いを取る方法

洗剤を使用するのは通常の洗濯でもおなじですが、
やり方によってはバスタオルのにおいを取ることができます。

【洗剤を使った臭いの取り方】

  1. バスタオルが浸かるくらいの大きな鍋にお湯を沸かします。
  1. 沸騰したお湯の中に粉洗剤を入れてよくかき混ぜます。(その際、粉洗剤の量は水5Lに対して小さじ1杯が目安になります。)
  1. 粉洗剤を入れた鍋にバスタオルを入れます。(バスタオルを入れる際は、一度火を止めて行うようにします。)
  1. バスタオルを浸したら中火にして約15分煮る。(この時、沸騰させるのはよくないので沸騰しない程度の火加減にします。)
  2. 冷めるのを待ってからバスタオルを取り出し、いつもどおりすすぎと脱水をします。

この方法は、沸騰させることによって【モラクセラ菌】を死滅させるだけでなく、
洗剤の洗浄力を上げることができるので臭いを落とすことができます。

ただし、お湯を沸騰させて行う方法なので
生地を傷める心配があります。

クエン酸を使用してバスタオルの臭いを取る方法

クエン酸を使用してバスタオルの臭いを取る方法

バスタオルの臭いは
アルカリ性の性質を持ったアンモニアや汗などが原因の場合もあります。

クエン酸は酸性なので
アルカリ性の性質を持った臭いの原因を閉じ込めることができます。

【クエン酸を使った臭いの取り方 その1】

クエン酸を使った臭いの取り方には2つあります。

まずは洗濯機で洗う際、
始めの段階からクエン酸を入れる方法です。

水10Lに対してクエン酸10gを目安に洗濯機に入れて、
そのままいつもどおり洗濯する方法です。

この際クエン酸が溶けるか心配な方は、
ぬるま湯で溶かしてから入れても大丈夫です。

【クエン酸を使った臭いの取り方 その2】

クエン酸を使った臭いの取り方のもう1つは、
仕上げにクエン酸を入れる方法です。

いつもどおり洗濯をし、
すすぎの段階になって水が透明になったらクエン酸をいれます。

このときに入れるクエン酸の量は、
水30Lに対して小さじ1/3を目安に入れるようにします。

後は、いつもどおり洗濯を終わらせるだけです。

この方法で行うと、
部屋干ししてもバスタオルから臭いをすることがありません。

アイロンを使用してバスタオルの臭いを取る方法

アイロンを使用してバスタオルの臭いを取る方法

バスタオルが臭う主な原因であるモラクセラ菌は熱に弱いので、
熱を加えることで臭いをとることができます。

アイロンは簡単に熱を加えることができるので、
臭いを取るためには使える方法です。

【アイロンを使った臭いの取り方】

  1. いつもどおりバスタオルを洗濯します。
  1. アイロンを高温に設定し、アイロンがけをしていきます。(この時、1ヶ所3秒を目安にしてアイロンをかけていきます。)
  1. アイロンをかけた後は、いつもどおりバスタオルを干して乾かします。
  2. アイロンを高温に設定することで、臭いの原因となる【モラクセラ菌】を死滅させることができるので、自分が持っているアイロンの一番高い温度に設定するようにします。(この時、スチーム機能は使わないようにしましょう。)

乾燥機を使用してバスタオルの臭いを取る方法

乾燥機を使用してバスタオルの臭いを取る方法

バスタオルがずっとぬれている状態だと、
臭いの原因である【モラクセラ菌】などの雑菌が繁殖してしまいます。

繁殖させないためには早めに乾燥させる必要があります。

【乾燥機を使った臭いの取り方】

  1. いつもどおりバスタオルを洗濯します。
  2. 脱水後、バスタオルをバサバサ振って繊維を伸ばしてから、乾燥機を使ってバスタオルを乾燥させます。

晴れている日や風の強い日などは外に干してもすぐに乾燥しますが、
雨の日や風がない日などはすぐに乾かすことができません。

しかし、乾燥機を使えばぬれていたバスタオルもすぐに乾かすことができます。

この時使う乾燥機は電気式よりもガス式のほうが
パワーがあるだけでなく熱くなりやすいので、
臭いの原因である雑菌を死滅させることができます。

熱湯を使用してバスタオルの臭いを取る方法

熱湯を使用してバスタオルの臭いを取る方法

バスタオルの臭いを取る方法の中で一番簡単な方法です。

他のものを準備することもないので、
臭いが気になるときにすぐに実践することが出ます。

【熱湯を使った臭いの取り方】

  1. 水道のお湯を60℃に設定し、洗面台にお湯をはる。
  1. お湯をはった洗面台に臭いがするバスタオルをいれ、約30分を目安にして漬ける。(この時、洗面台にはったお湯が60℃以下に下がらないように注意して、温度が下がったらお湯を追加するようにします。)
  2. 30分経ったら水を加え、粗熱を取りいつもどおり洗濯して乾かす。

臭いがひどい場合は、酸素系漂白剤をつけると
さらに臭いを取る効果が高まります。

お湯に漬ける以外にも、
鍋に入れて沸騰させながら煮ていく方法もあります。

しかし、バスタオルを煮ていく方法は生地を傷める原因にもなるので注意が必要です。

このように、バスタオルの臭いを取る方法はいろいろあります。

バスタオルは毎日使うものなので、
自分にあった臭いを取る方法を見つけ清潔なバスタオルを使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます